2010年01月22日

サラリーマン金太郎2 第4話

緊急役員会議に乗り込んだ金太郎(永井大)たち。真実をすべて公表するのか、それとも闇へ葬り去るのか、究極の選択を迫られるヤマト中央建設。「一社員が己の首をはねられるのを覚悟で成し遂げようとしているこの仕事、誰にも邪魔はさせん! 金太郎、おまえ一人を死なせはせんぞ」。黒川副社長(古谷一行)の叫びが会議室に響き渡る。役員たちが次々と立ち上がる。「金太郎、これがヤマト中央建設の答えだ」。涙を流す金太郎を見つめる大和会長(宇津井健)。こうして駿河崎温泉ホテルの補強工事が決定した。

 ヤマト中央建設の決断は建設業界はもちろん、各方面に大きな波紋を呼んだ。ヤマト中央建設の株価は暴落、業界全体の信用を失墜させたことへの責任追及、さらなる補強工事の追加……そしてその影でヤマト乗っ取りを企む帝都建設の平尾会長(佐々木勝彦)。ヤマト中央建設はかつてない危機を迎えようとしていた。会社を追われた金太郎は美鈴(井上和香)と竜太(庄司龍成)の笑顔に癒されつつも、愛するヤマトの人たちを想いながら工事現場でひたすら汗を流して働いていた。

 公園の芝生に腰をおろし、亡き息子・修一(北条隆博)との思い出に浸る丸山(森本レオ)。だが、彼の体はすでに重い病に蝕まれていた。そこへ金太郎が現れる。「社長! 久しぶりっす!」。丸山は彼の姿に息子の面影を見る。「矢島さん、私は今、他人にも自分にも正直に生きていきたいと思っております。あなたや、死んだ息子のように……」。そう言って立ち去ろうとする丸山。「社長! 俺、生きてるの楽しいっすから!」。金太郎は去って行く丸山の背中を黙って見つめる。

 駿河崎温泉ホテルの補強工事は無事終了した。土下座してオーナーの池波(笹野高史)に頭を下げる丸山。さらに丸山は鷹司(細川茂樹)とも会い、力を貸してほしいと頼む。と、その時、駿河崎温泉の近くを震源とした大地震が発生する。ほとんどのホテルや旅館が無惨に倒壊する中、補強工事を行った駿河崎温泉ホテルは当然のごとく無傷で済んだ。同時にヤマト中央建設の評価も急激に回復。ヤマトは生き返った。

 京子(青山倫子)の静止を振り切り、社長室に乗り込む金太郎。そこには3通の手紙が残されていた。「矢島さん、私はまもなく死を迎える体です……私に悔いがあるとしたら、それは矢島さん、あなただ。あなたはヤマト中央のために生きてほしい。新しいサラリーマンの生きざまを見せてほしい。私の最後の頼みだ。ヤマト中央建設に戻って下さい……」。覚悟を決め、息子の墓前で自らの命を絶とうする丸山。そこへ金太郎が駆けつける。「社長! 俺と約束しただろ! もっともっと話聞かせてくれよ! あんたの生きざま、見せてくれよぉ!!」。金太郎はもちろん、多くの人たちにサラリーマンの生きざまを強烈に見せつけ、丸山は愛する息子の元へと旅立って行った……。

 怒りに燃える金太郎は平尾に殴り込みをかける。「丸山社長が死んだのは貴様のせいじゃねえか! サラリーマンをなめんじゃねえ!!」。だが、そんな金太郎を制したのは黒川だった。「戻ってこい。ヤマト中央で生きていけ……おまえの生きざま見せてみろ!」。一方、走り去る平尾の車の中にはなんと工藤(八神蓮)が。なんと彼は平尾の息子だった。いったい彼の狙いとは……。ともあれ、こうして無事、ヤマト中央建設に戻ってきた金太郎。しかし、復帰早々、大和会長から20年間中断している江並ダムの工事再開を命じられる。「動かしてこい。止まった現場を……おまえの力で」。「おっす!!」。はたして金太郎を待ち受ける新たな現場とは!?


サラリーマン金太郎TOPへ

『サラリーマン金太郎2 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サラリーマン金太郎2 第4話 社長の最期
Excerpt: 『完結編 金太郎vs裏切り社長』“混浴決戦〜完結編!!社長の最期…”内容役員会議で丸山社長(森本レオ)から、クビを言い渡された金太郎(永井大)が、大和会長(宇津井健)黒川副社長(古谷一行)は、“魂を見..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-01-30 20:54

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索