2010年01月14日

特上カバチ!! TOP

2010年1月17日より同年3月21日まで前作とは異なる放送局のTBSの日曜劇場枠で放送。全10話。主演は櫻井翔・堀北真希。ハイビジョン制作。また、同枠では2009年4月期の『ぼくの妹』以来の現代を舞台とした作品となる。初回放送は21:00〜22:09。番組開始前のスポットCMのナレーションは千葉繁→若本規夫。番組開始後のナレーション、提供読みは玄田哲章。

キャッチコピーは「法律なんかに、負けてたまるか!」。

原作
『カバチタレ!』は青木雄二監修、田島隆原作、東風孝広作画により、講談社の漫画雑誌「モーニング」1999年5月から2005年30号まで連載されていた漫画作品。
その後、「モーニング」2005年33号からは続編となる『特上カバチ!! -カバチタレ!2-』(とくじょう-)を連載している。

概要
行政書士事務所を舞台にして、法を駆使する法テクで社会的弱者を守っていくという物語である。

同じく田島隆原作、東風孝広作画によりイブニングで連載している事件屋をテーマにした作品『極悪がんぼ』とは世界観が共通しており、『極悪がんぼ』の主人公である神崎守と本作の主人公である田村が鉢合わせする場面がある他、『極悪がんぼ』において大野事務所と神崎の対決があった。また、監修者である青木雄二の作品『ナニワ金融道』に登場する帝国金融の広島支店の看板も登場しており、同一の世界観にあることが示唆されている。

タイトルについては、主人公の田村が行政書士試験に合格するまでは『カバチタレ!』、試験に合格して資格を取ってからは『特上カバチ!! -カバチタレ! 2-』と変更されている。このタイトルに入っている「カバチ」とは広島弁で屁理屈を意味し、これを“垂れる”事から「屁理屈屋」の意である。また、本作品は台湾や韓国といった海外でも出版されているが、台湾での本作品のタイトルは「代書萬萬歳!」である。

作中の行政書士の活動が弁護士法第72条に違反する非弁活動という指摘が作中でもあったが、事件性必要説に立つと非弁行為とはならないと解されている。


フジテレビ版『カバチタレ!』
上記の漫画を原作としてドラマ化され、2001年1月11日から3月22日の毎週木曜22:00〜22:54[3]にフジテレビジョン系列で全11回が放送された。全11回の平均視聴率は19.3%である。なお、原作の舞台だった広島では、現在も年に数回のペースで再放送がある。

原作から舞台が広島から東京に変わったり、主人公の田村勝弘や栄田千春が女性に置き換えられていたり、二人が大野勇に一時期恋をしたりするなど、様々な部分でキャラクター設定が大幅に変更されている。登場人物の変更のほか、ドラマ版オリジナルキャラクターも多い。原作と比較すると法律ものとしての色が薄まり、28歳の女二人の友情といった人間ドラマ、恋愛ドラマをより強調した構成になっている。
カバチタレ!フジテレビ番組情報ページ


TBS版『特上カバチ!!』
キャスト
* 田村勝弘 - 櫻井翔
* 住吉美寿々 - 堀北真希
* 重森寛治 - 遠藤憲一
* 柿崎松郎 - 渡辺いっけい
* 柿崎晴子 - 田丸麻紀
* 謎の女子高生 - 菊里ひかり
* 検備沢京子 - 浅野ゆう子(特別出演)
* 土方竜馬 - 上里亮太(FIVE)
* 沖田晋作 - 伊郷アクン(Question?)
* 栄田千春 - 高橋克実
* 大野勇 - 中村雅俊

スタッフ
* 特上原作:田島隆 / 東風孝広『特上カバチ!! -カバチタレ! 2-』(講談社モーニング連載中)
* 特上脚本:西荻弓絵
* 特上演出:加藤新、今井夏木、韓哲
* 並プロデュース:植田博樹
* 特上プロデュース:今井夏木
* 特上音楽:瀬川英史
* 製作著作:TBS

主題歌
* 嵐 「Troublemaker」 (ジェイ・ストーム)

原作からの変更点
* 原作は広島県が舞台だが、ドラマでは東京が舞台。
* 田村、住吉の年齢をそれぞれ24歳、22歳と原作より若く設定。
* 田村勝弘は、原作では試験に合格し行政書士となったが、ドラマでは行政書士補助者で試験勉強中の身に変更。
* 住吉美寿々は高校卒業と同時に行政書士の資格を取得し、キャリアアップのために行政書士事務所を渡り歩くという設定。またバツイチという設定も追加されている。
* 原作では重森寛治は行政書士補助者だが、ドラマでは行政書士に変更。
* 原作では「検備沢太郎」だが、ドラマでは「検備沢京子」に変更。


各話あらすじ(2010.1.17 - 2010.3.21)全10話 平均視聴率9.28%
1 2010年1月17日「法テクバトルの嵐」

2 2010年1月24日「絶対不敗の交渉術」

3 2010年1月31日「パワハラ経営者に勝つ方法」

4 2010年2月7日「保証人地獄に落ちた妻」

5 2010年2月14日「娘へ!!亡き母からの贈り物」

6 2010年2月21日「この仕事で生き抜く覚悟!!」

7 2010年2月28日「家族の絆を取り戻せ!!」

8 2010年3月7日「決断!!事務所を去る日」

9 2010年3月14日「サギ師があなたを狙ってる」

10(最終回)2010年3月21日「最後の敵! それは父!!」

各話視聴率


TBS日曜劇場『特上カバチ!!』(カバチタレ! - Wikipedia)

「特上カバチ!! - カバチタレ!2-」の部屋


『特上カバチ!! TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索