2009年11月14日

マイガール 第7話

コハル(石井萌々果)と暮らすようになって、正宗(相葉雅紀)の世界は少しずつ広がり始めていた。そんな折、正宗は陽子(優香)の母・志織(朝加真由美)から「いずれは自分の幸せも考えて下さい」と言われる。しかし、陽子への想いが色あせることのない正宗には、陽子とコハル以外の人との幸せなど考えられない。

 その矢先、シングルマザー・はるか(平岩紙)が勤める会社が倒産。突然の出来事に、はるかは愕然とする。実は、彼女には生活費の問題はもちろんのこと、職を失うことで発生する大きな問題がもうひとつあった。離婚して息子・新太(松本拓海)の親権を獲得する際、定職に就いていることが条件だったのだ。前夫・健二(中村靖日)に新太を取られてしまうかもしれない…。言い知れぬ不安に襲われたはるかは正宗に相談。心配した正宗は、はるかが健二との話し合いに出掛けている間に新太を預かるなど、親身になって向き合う。

 やがて、職探しに奔走していたはるかは、やっとのことで応募した会社の最終面接にこぎつける。ところが面接の日、健二の母・敬子(前田美波里)が突然訪ねてきた!健二からはるかが新太を返そうとしないと聞き、直談判にやって来たのだ。別れた夫への意地やシングルマザーとしてのプライドで新太の人生を台無しにするな、と詰め寄る敬子。彼女の言葉ははるかの胸に突き刺さり、最終面接へ向かう足をも止めてしまう…。心が不安定になり、つい新太にもキツく当たってしまうはるか。事情を聞いた正宗は、息子を想う母親の気持ちは新太も分かっているはずだと諭し、はるかに自信を取り戻させようとする。「自信を持って下さい。はるかさんは僕が知ってる中で、最高のお母さんですから」――。思わず涙を流すはるか。正宗の優しさに、彼女の心は揺れ始める。

 一方、正宗ははるかが初めて見せた涙に驚き、さらに心配を募らせていた。その様子を見た高志(山崎樹範)は、正宗がはるかのことを好きなのではないかと勘繰る。もちろん、そんな気持ちなどない正宗は全否定。しかし同時に、正宗は動揺せずにはいられなかった。陽子(優香)さんのことをずっと忘れなくても、いつか別の人を好きになる――高志が放ったその言葉に対しては、「そんなことはない」とハッキリ言い返せなかったのだ…。

 そんな中、正宗の誕生日がやって来た。その日、コハルを保育園へ迎えに行った正宗は思わぬサプライズを受ける。なんと、コハルが部屋中に手作りのメッセージカードを飾り、「ハッピーバースデー」を歌いながら出迎えてくれたのだ!陽子に代わって大切な正宗の誕生日を祝うため、コハルはずっと内緒で準備していたという。コハル、そして陽子への想いを強く再認識する正宗。その様子を陰から見ていたはるかは、正宗に少し傾きかけていた心をそっとしまい込むのだった…。

 再就職先が決まったはるかは、新太と一緒に暮らし続けられることになった。かけがえのない親子の絆をさらに固め、歩き出したはるか親子。そして、正宗とコハルもまた確かな愛情、亡き陽子への変わらぬ想いでつながれ、歩き出すのだった。


マイガール TOPへ
タグ:マイガール

『マイガール 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2009年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マイガール 第7話 またいつか恋をする
Excerpt: 『またいつか恋をする…』内容コハルちゃん(石井萌々果)と暮らすようになり、正宗(相葉雅紀)の世界も広がり、自身も変わりはじめているのを感じていた。ある日のこと、陽子(優香)の母・志織(朝加真由美)がや..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2009-11-21 17:43

マイガールvol.7
Excerpt: ■マイガール脚本/大島里美(1)、荒井修子(2)(3)、高橋麻紀(4)(5)(6)(7)プロデューサー/中川慎子、長松谷太郎、佐藤善宏演出/高橋伸之、麻生学http://www.tv-asahi.co..
Weblog: ita-windの風速計
Tracked: 2009-11-23 17:52

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索