2009年11月05日

傍聴マニア09 裁判長! ここは懲役4年でどうすか #04

傍聴にハマったフリーターの北森夫は今回、412号法廷での「覚せい剤取締法違反」の裁判を傍聴する。
が、傍聴席に入ったとたんにびっくり!周りは全員、暴力団関係のコワモテ軍団で埋め尽くされていたのだ。そして被告人に「懲役15年」の判決が出たとたん、男たちは「組長!お勤めがんばってください!」と叫んだ。傍聴マニアの山野によると、組長が裁かれるときには組員が見届けに行くのだという。その迫力にすっかりビビッてしまった北は「もう覚せい剤裁判はこりごり」と言う。
が、北はロックバンド「ポチョム菌」のボーカル・エイゼンシュタインが被告人の覚せい剤裁判あると知り、一転して興味津々になり傍聴に向かう。北は「ポチョム菌」の大ファンだったのだ。

傍聴席にはバンドのギター・ショスタコの姿もあった。「サインもらえないかな」と興奮する北は、美和にうっとうしがられる。しかし北は裁判官が「エイゼンシュタイン、本名・田中五郎」と言うのを聞いて「そんなに普通の名前だったのか…」とガックリ。しかも田中はスーパーで柿を万引きして取り押さえられ、その際に覚せい剤が見つかったという。ロックスターのあまりにもダサい事件にあ然とする北。さらに北はバンド仲間で親友あるはずのショスタコが「田中は詩を書いていたというのは嘘」「田中は田舎モノでキレると方言が出る」などと証言したことにショックを受ける。

自分がいざというとき、助けてくれる友人はいるのだろうか? 田中も寂しかったんじゃないだろうか――?と考え、落ち込む北。
数日後、北は再び田中の裁判を傍聴に行く。田中は反省の色を見せず、弁護側の情状証人も拒否するなど、弁護士もなすすべがない。が、田中は美人検察官の星川にある事実を突きつけられる。そのとき、傍聴席からある男が立ち上がった!


傍聴マニア09 裁判長! ここは懲役4年でどうすか TOPへ

『傍聴マニア09 裁判長! ここは懲役4年でどうすか #04』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索