2009年11月04日

LIAR GAME 6

“ライアーゲーム”の敗者復活戦に参加することになった神崎直(戸田恵梨香)。ゲームは参加者9人の中から1人の敗者を投票で決める“リストラゲーム”だ。投票用紙に自分以外の5名の名前を記入していき、1時間毎に行われる10回の投票で最も票が少なかったプレイヤー1人が1億円の借金を背負って敗退となり、優勝者には賞金1億円と3回戦を棄権する権利が与えられる。また参加者には1億円分の“Mチケット”が配られ、その金額内であればプレイヤー同士で物が売買できるというルールだ。

ゲームが始まり、情報を得るために他のプレイヤーを探ろうとする直だが場が和やかな雰囲気であることに気づく。不思議に感じる直にエトウコウイチ(和田聰宏)は、2回戦でみんなを裏切ったフクナガユウジ(鈴木浩介)をリストラすることで話しがついてるからだと説明した。

そこにフクナガが近づいてきた。自分がリストラされるのを承知したうえで、メンバー同士でゲームにかける思いをアピールしようと言い出すフクナガ。プレイヤーそれぞれの思いが告げられていき、最後に直の番になるとフクナガは直に今までのゲームによる負債額を聞いてきた。直が正直に無いと答えた瞬間、場の空気が変わった。多額の借金を背負っているプレイヤーたちは直に怒りの目を向け、フクナガの思惑通り直はあっという間にリストラ候補となってしまったのだ。慌てて秋山深一(松田翔太)を助けるための参加だと説明しようとするが誰も聞いてくれず孤立してしまった直。

すると直の元へフクナガがやってきた。自分と直が勝ち残れる必勝法があるから手を組まないかと持ちかける。負けた人のことを考え戸惑い決断を下せない直にフクナガは秋山のことを持ち出したうえに全員が幸せになる方法なんてないと言って説得。全部の回の投票で5票ずつ入れれば必ず勝ち残ることを説明して、お互いの名前を書くことを約束した。

一方、秋山の前へ谷村光男(渡辺いっけい)が現れた。谷村はライアーゲーム主催者からのメッセージだと「3年前のお礼は必ずさせてもらう」と言い、続けて秋山が3年前に潰したマルチの代表者はダミーだったと告げて去る。怒りと驚きで立ち尽くす秋山。

1回目の投票が終わった。結果はフクナガが10票、7名が5票、そして直は0票だった。結果に呆然とする直。またしてもフクナガに騙されたのだ。挽回を図ろうにもプレイヤーは誰1人として直の話を聞いてくれない。2回目、3回目の投票が終わっても直は0票のままだった。泣き崩れる直に声を掛けるエリー(吉瀬美智子)。

そんな中、秋山の携帯電話に非通知の着信が入った。電話を聞きながら驚きの表情を浮かべる秋山。同じ頃、敗者復活戦の会場ではエトウが直に近づいてきた。エトウは、フクナガが直に投票する予定だった50票をみんなに500万円で売りつけ、お互いが裏切らないように違反すると1億円の罰金が発生するMチケットを契約書代わりに使ったことを説明する。プレイヤー全員、10回目まで誰に何票投票するかが決められていることになり直が勝つことは不可能なのだ。そこにフクナガがやってきた。フクナガは愕然とする直を無表情に見つめ…。


LIAR GAME TOPへ
タグ:LIAR GAME

『LIAR GAME 6』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索