2009年09月09日

となりの芝生 最終回

要(大倉孝二)が入院先の病院から志乃(泉ピン子)と共に家に帰ると、そこには知子(瀬戸朝香)の姿はなく置手紙が1つ。志乃は怒り心頭だが、「知子ならこうするだろうと思っていたよ」と、要は意外と冷静に受け止めていた。きちんと話し合おうと、知子に連絡を取ろうとする要を志乃が「知子から謝ってくるならまだしも、こっちから頭下げて帰ってきてもらうなんて真っ平御免」とまくし立てる。

家を出ても仕事を続ける知子。知子は殿村(大杉漣)に事情を説明するが「まずいな」と、困惑するものの、凛とした佇まいを見せる知子の姿に納得させられてしまう。そんな折、知子の職場に時枝(三浦理恵子)が現れ、要の関係の話となるのだが…。
嫁・姑問題から端を発した高平家も崩壊寸前。 嫁とは、姑とは、そして夫とは…知子は新しい家族のカタチを見出すことが出来るのか?


となりの芝生 TOPへ

『となりの芝生 最終回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | となりの芝生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

となりの芝生 第12回(最終回)大団円
Excerpt: 『嫁と姑の決断』内容要(大倉孝二)の浮気。。。ついに、実家に戻った知子(瀬戸朝香)義姉・静子(水町レイコ)には、歓迎されるが。。。母・波江(茅島成美)は、こうなると思ったとしかりつける。早く帰れと言う..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2009-09-17 21:36

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索