2009年07月31日

コールセンターの恋人 第5話

 「ハワイ島の湧き水」が発売された。ところが、上層部からセールストークの行き過ぎを注意された南極アイス(名取裕子)は台本どおりに話せと命令されてしまう。代わりに商品にお墨付きを与えるのは、カリスマ女医・目黒百合子(東ちづる)。ライバルの登場に、心中穏やかではないアイスだった。

 「ハワイ島の湧き水」は、48時間以内の配送が売り。だが、大型台風の接近で配送ができなくなってしまう。しかし、本社の中島局長(柴俊夫)から、コールセンターの渉(小泉孝太郎)の元に、運送会社に圧力をかけて届けさせろとの命令が。運送会社では、新米運転手の木下順平(山崎樹範)が運転を買って出た。暴風雨の中、悪路に苦戦しながらなんとか商品を配達するが……

 翌日、百合子からコールセンターにクレームの電話がかかってくる。自宅に届けられたボトルがひしゃげていたというのだ。中身に問題はないと答える青山響子(ミムラ)の対応に腹を立てた百合子は、ブログで「ハワイ島の湧き水」の批判を展開する。そのせいで、響子の減棒が決まった。

 一方、渉は、センター長の酒巻(松重豊)の指示で、百合子に謝りに行くことに。だが百合子は代理の謝罪には応ずる気配がない。そこで、渉は商品を届けたドライバーを連れて再び謝罪に行こうとする。ドライバーの木下は、なんと渉の大学時代の同級生だった。必死に謝る木下にも冷たく接する百合子。それを横目に渉は何も言うことができない。自分のふがいなさに落ち込んだ渉を励ましたのは、電話で話した響子の言葉だった。

 そんな中、本社の企画会議に出席した渉は、お客様相談窓口をなくそうという中島局長や三上(中林大樹)に向かい、お客様相談窓口は必要だと主張した。その言葉に心動かされたアイスも、台本にしばられず、いつものセールストークを再開しようと決めたのだった。


コールセンターの恋人 TOPへ

『コールセンターの恋人 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コールセンターの恋人 第5話 強敵クレーマー
Excerpt: 『美容VS通販!炎の女帝対決』内容“水道の水もなかなかいける”青山(ミムラ)から、水道水を飲ませられた都倉(小泉孝太郎)はショック。そのころ、東京では、中島(柴俊夫)の指示により、“台本”が用意された..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2009-08-08 16:36

コールセンターの恋人vol.5
Excerpt: ■コールセンターの恋人脚本:中園ミホほかチーフプロデューサー:黒田徹也プロデューサー:奈良井正巳、樽井勝弘、壁谷梯之演出:片山修、田村直己第5話美容vs通販!炎の女帝対決---------------..
Weblog: ita-windの風速計
Tracked: 2009-08-08 18:24

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索