2009年06月06日

湯けむりスナイパー 第10回

「椿屋アーリータイムス」
源が働き始める前の「椿屋」で起きた出来事をコミカルに描く番外編。
源が椿屋へ面接に来る数ヶ月前―。椿屋では、ひとりの従業員が辞めた。
東京へ行き音楽をやるのだという。女将と番頭の捨吉は、人手不足を補うため求人広告を
出すことに。試行錯誤して広告を考えた2人は、良い人が働きに来てくれるよう、
祈りを込めて求人を出す。

それから間もなく、辞めた従業員がひょっこり舞い戻ってきた。調子の良い元従業員は
また宿で働きたいというが…。元従業員の放った一言が女将の逆鱗に触れて、
追い返されてしまう。

そんな中、ある殺し屋の男が新聞の求人に目を留める。そこには、
【秘境の温泉宿で働いてみませんか?
料理・温泉が自慢の宿 仲居(男女)募集 年齢・学歴・職歴一切不問 住み込み可】
とあった。殺し屋の男は、ある決意を胸に、求人広告を出した宿へ向うのだった…。

「闇を抱く」
秘境の温泉宿「椿屋」のベテラン仲居・初枝が寿退社することとなった。
相手は、お見合いで出会った50歳を過ぎた会社社長だという。めでたい報せに従業員は沸き、
源もまた、初枝を優しく見つめていた。そんな源は、彼女と一瞬目が合う…。

その夜、初江の送別会が開かれ、従業員全員で彼女を祝福した。賑やかな宴の後、
床についた源は、部屋に何者かが入ってきた気配を察して警戒する。部屋にやって来たのは
なんと初枝だった。そして、彼女は大胆な行動に出る。


湯けむりスナイパー TOPへ


湯けむりスナイパー TOPへ

『湯けむりスナイパー 第10回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

湯けむりスナイパー 第10回 少し番外編かな
Excerpt: 『椿屋アーリータイムス』内容それは源さん(遠藤憲一)が椿屋に来る前の話椿屋を従業員の伊藤(伊藤正之)が辞めた。東京で音楽をやるという。その異様な様子を見て、女将・冴子(伊藤裕子)と番頭・捨吉(でんでん..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2009-06-23 18:15

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索