2009年05月27日

ツレがうつになりまして。 TOP

『ツレがうつになりまして。』とは、細川貂々が2006年3月に幻冬舎より出版したコミックエッセー。略称は「ツレうつ」。2009年5月にテレビドラマ化される。続編として『その後のツレがうつになりまして。』を幻冬舎より2007年11月25日に発表している。

概要

スーパーサラリーマンだったツレ(作者の夫)がある朝「死にたい」と真顔で言い出した。妻(作者)と共に送るうつ病の闘病生活をユーモアあふれるマンガで描く、純愛「うつ」ストーリー。

自殺未遂、症状の改善、悪化などあらゆる出来事を決して固くない絵のタッチで表現するという内容、うつ病を「宇宙カゼ」と呼んだり、抑うつ状態の症状が現れてる時に憂鬱をキャッチするアンテナが頭に現れているという独特の描写などが評判を呼び、30万部の大ヒットとなった。


2009年5月29日、6月5日、6月12日の全3回、いずれもNHK総合で金曜日午後10時〜10時43分より放送される。監修には精神科医の野村総一郎が担当。プロデューサーと打ち合わせをした結果、脚色が入るも意向が反映されると作者がコメントしている。

キャスト

てんさん:藤原紀香
ツレ:原田泰造
風吹ジュン
濱田マリ
小木茂光
設楽統(バナナマン)
駿河太郎
黒川芽以
田島令子
宮澤ミシェル


スタッフ

原作:細川貂々「ツレがうつになりまして。」「その後のツレがうつになりまして。」
脚本:森岡利行
エンディングテーマ:大貫妙子「Tema Purissima」
医事監修:野村総一郎
英語翻訳:豊崎洋子
英語指導:Stuart Varnam-Atkin
資料提供:望月昭
制作統括:田村文孝、合津直枝
演出:合津直枝、佐藤善木
制作・著作:NHK、テレビマンユニオン



各話あらすじ
第1回 2009年5月29日「突然の発病」

第2回 2009年6月5日「夫婦崩壊」

最終回 2009年6月12日「春の予感」



番組公式HP ツレがうつになりまして。 | NHK金曜ドラマ


ツレがうつになりまして。 - Wikipedia


『ツレがうつになりまして。 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索