2009年03月01日

妄想姉妹〜文学という名のもとに〜 第8話

 “白い女”に関する謎がさらに深まる中、晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、節子(高橋真唯)の三姉妹の話は、いつしか家計の問題になった。晶子によると、書籍の売り上げが落ち込んだため、収入が減り、草太郎(田中哲司)が残してくれたこの屋敷を売却することになるかもしれないのだ。

 この事態を食い止めるため、草太郎の手紙類を発表したいという晶子。だが、これに激しく反発した節子は、晶子の話を最後まで聞かず、書庫から次の本を手にとって家を飛び出した。

 草太郎のそろえた8冊目の本は、太宰治の『女生徒』だった。この本は、父親がいない思春期の女生徒の甘酸っぱい心象風景を描いた作品。人気のない夜の公園にやって来た節子は、ひとりで父親の死の謎を解こうと本を開いた。

 眼鏡を掛けていることにコンプレックスを感じている女生徒(高橋真唯=二役)は、お年頃になったこともあり、様々な空想の世界で遊んでいた。庭で仕事をしている植木屋(栗原寛孝)に片思いをしてみたり、素敵な下着を付けて大人の女の雰囲気を楽しんだり―。電柱にぶつかってようやく現実の世界に引き戻された女生徒は、学校で美術の先生(松尾英太郎)にモデルを頼まれ、またまた空想の世界をさまよう。そして、最後に、亡き父のことを思い出し、美しく生きたい、と誓うのだ。

 闇が白み始めた頃、家に戻った節子は、文庫版の『女生徒』を読んだらしい晶子に声を掛けられた。大きな出版社の社長に相談に乗ってもらっているという晶子は、節子に手紙の一件は3人で相談して決める、と告げる。これを聞いた節子は、涙を浮かべながら、誤解していたことを晶子に謝った。そして、3人は、お互いに力を合わせてこの家を守ろうと約束するが―。

妄想姉妹〜文学という名のもとに〜 TOP

『妄想姉妹〜文学という名のもとに〜 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索