2009年02月08日

妄想姉妹〜文学という名のもとに〜 第5話

秘密書庫の中の11冊の本を全て読み終えた時、父・草太郎(田中哲司)の死の謎が明らかになるかもしれない―。早く真相を知りたい節子(高橋真唯)は、ひとり抜け駆けしようとして見つかり、藤尾(紺野まひる)と口喧嘩を始める。そんな2人をたしなめた晶子(吉瀬美智子)は、積まれていた残る7冊の本の一番上、高村光太郎の『智恵子抄』を手にした。

 この本は、彫刻家で詩人の高村光太郎と妻・智恵子のラブストーリーで、妄想や幻覚を起して理性を失い狂気となった智恵子を、光太郎が愛し続ける、という内容。智恵子が光太郎を置いて先に逝ってしまった、と節子から聞いた藤尾は、すぐに本を受け取って読み始めた―。

 無邪気でくったくがなく、まるで幼女のような智恵子と光太郎が初めて結ばれたのは、アトリエの中。智恵子から生きる力を吹き込まれた光太郎は、意気揚々と創作を開始する。生き生きと作品に向かう光太郎を、幸せな表情で見つめる智恵子。だが、精神に異常をきたした智恵子は、光太郎の愛に包まれながら天国へ旅立つ。その後、光太郎は、智恵子を思い浮かべながら最後に裸婦像を完成させて亡くなるのだ。

 死んで消滅した智恵子の肉体と魂を、彫刻と詩で永遠のものにした光太郎。この作品について話を始めた晶子、藤尾、節子の3人は、19もの長編、いくつもの短編を残した草太郎の作品の中に、光太郎が智恵子を永遠のものにしたのと同じものがあるのではないか、と推理した。

 互いに自分の母親を思い浮かべた3人の謎は、さらに深まって―。


妄想姉妹〜文学という名のもとに〜 TOP

『妄想姉妹〜文学という名のもとに〜 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索