2009年02月07日

歌のおにいさん #4

 子ども嫌いなのは相変わらずながらも、ついに“歌のおにいさん”として頑張っていく決意を固めた健太(大野智)。だがその矢先、真鍋(木村佳乃)から「歌のお兄さんたるもの、身も心も清くなくてはならない」と諭され、『歌のお兄さん七箇条』をもとにした講習をうけさせられることになる。

 さらに『みんなでうたお! パピプペポン』に、みちる(高良光莉)を含めた、3人の子どもユニット“マカロン・キッズ”が復活。子ども嫌いの氷室(戸次重幸)が番組を支配していたころは活動を休止していたが、氷室の失脚を機に、レギュラー出演を再開したのだ。自分よりも芸歴の長いみちるたちにバカにされ、健太は何も言えない。次第にみちるたちはうらら(片瀬那奈)やさやかにまでつっかかるように…。ある日、みちるの友達が番組の収録を見学にやってくるが、その友達たちはみちるの衣装を見てクスクスと笑い、バカにするのだった。その中にいた大吾(岡山智樹)だけはみちるを心配そうに見ていて…。

 数日後、番組のロケで、とある小学校を訪れた健太たち。そこは実はみちるが通っている学校だった。収録の合間、健太たちは、みちるとクラスメイトの大吾(岡山智樹)が密会している現場を目撃。調子に乗った健太はみちるたちをからかい、彼女が持っていた小さな包みを取り上げてしまう。怒ったみちるは、その後の収録でもずーっと不機嫌なまま。現場には冷たーい空気が流れるのだった。実はその包みは、みちるが大吾にあげようとしていたバレンタインチョコレート。健太たちに恋路を邪魔されたみちるは、その後の収録でもうららを泣かせるような暴言を吐き、そのあまりの傍若無人な振る舞いについに真鍋がみちるをしかりつける。

 みちるにロケでの出来事を謝った健太は、大吾がもうすぐ転校してしまうことを知る。ずっと大吾が好きだったというみちるのために、健太は一肌脱ぐことに。だが、みちるは頑なに健太の説得に耳を貸さない。ついに健太はみちるをドラマの収録現場から連れ出し、無理矢理大吾の元へ連れて行く! 自分にも「明音(千紗)のライブに行く」という約束があったのにもかかわらず…。

 こうしてみちるは無事大吾に思いを伝えることができたのだった。


歌のおにいさん TOPへ

『歌のおにいさん #4』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌のおにいさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索