2009年01月18日

本日も晴れ。異状なし 第2話

遼(坂口憲二)と美波(夏未エレナ)・星太(丸山歩夢)の同居生活が始まり、数日が経った。遼はいつものようにパトロールの道すがら学校を訪れると、体育の授業が始まろうとしていた。生徒の輪に加わり野球を教えようとする遼だが、不覚にも日射病で倒れてしまった。遼は自力で病院に行こうとするが、うらら(松下奈緒)から島に病院がないことを教えられ愕然とする。ほどなく、遼は緊急集会を開き現状を打開しようと息巻くが、公民館長の公平(半海一晃)から、やれることはすべてやったが、未だに医者は島へは来てくれないことを聞かされる。

それでもなんとかしたいと、医者を探しに本島へ行こうと港にやってきた遼。そのとき、最近痴呆の気が出始めた公平の母・節子(大森暁美)がふらふらと現れると、転倒してしまう。それを見てうろたえる遼と高速船乗組員の梶井(宇梶剛士)だが、船から下りてきた男が軽い捻挫だと診断する。節子を手当てしたその男は、なんと仙吉(近藤芳正)の弟・万作(田中実)で、本島の大学病院で外科部長をしているという人物だった。遼は万作に島の診療所を再興してもらえばいいと考えるが、島民たちは口々にダメだろうと言う。10数年前にも同じようなことがあったのだが、なんと兄の仙吉が、万作が島に戻ってくることを反対したというのだ。

数日後、遼は再び緊急集会を開くと、万作に島の医者になってほしいと、あらためてお願いする。公平も、母・節子のために戻ってきてほしいと頭を下げる。それを受けた万作は、生まれ育った島のためだからと承諾するのだが、仙吉が頑なに反対して険悪な雰囲気に。遼は仙吉の態度を責めるが、そこに仙吉を尊敬する光生(青木崇高)が割り込んできて揉み合いになり、仙吉が怪我をしてしまった…。


本日も晴れ。異状なしTOPへ

『本日も晴れ。異状なし 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

本日も晴れ。異状なしvol.2
Excerpt: ■本日も晴れ。異状なし〜南の島駐在物語〜脚本/藤本有紀演出/加藤新、武藤淳、山本剛義プロデュース/植田博樹、正木敦http://www.tbs.co.jp/hon-hare2009/第2話この島で医者..
Weblog: ita-windの風速計
Tracked: 2009-01-27 17:36

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索