2009年01月17日

歌のおにいさん #2

  「あんたには謝んねー」
 そう氷室(戸次重幸)に宣戦布告した健太(大野智)だったが、真鍋(木村佳乃)のとりなしで、なんとか許しを得、『みんなでうたお!パピプペポン』に残ることに。ただし氷室には今後絶対服従を誓うという条件付きで…。

 その日から健太は氷室から、衣装の調達、特製ドリンク作り、ヘアサロンの予約、マンションの理事会への出席…など雑用を山ほど言いつけられ、まるで奴隷状態。さらに収録に遅れそうになって真鍋に怒られた挙句、氷室やうらら(片瀬那奈)から何度も踊りに“ダメ出し”をされ、疲れ果ててしまう。

 そんなある日、毎年恒例の『みんなでうたお!パピプペポン』公開生放送の日がやって来た。この生放送は、毎年、氷室がステージ上でやりたい放題を繰り広げるため、スタッフたちから“地獄のオンステージ”とよばれている企画だった。たいしてやる気のない健太だが、氷室から嫌がらせのように、ステージをくまなく掃除するよう言いつけられる。言われた通り、守(丸山隆平)とセットの掃除をした健太。だが、氷室の衣装がセット裏の釘に引っかかり、破けてしまうという事件が起こる。

 筋違いな言いがかりをつける氷室に、健太はついに「いちいち騒いでんじゃねーよ」と逆ギレ。それに怒った氷室は、健太と守に生放送のステージに立つな、と言い放つ。「もううんざりだ」。健太のせいで自分まで舞台に立てなくなったことで苛立つ守。しっかりやると約束した真鍋にまで失望のまなざしを向けられ、健太はいたたまれない気持ちになる。

 こうして始まった生放送。氷室のオンステージに熱狂するおばちゃんたちを尻目に子どもたちはしらける一方。そこに衝撃的な事件が発生する! なんと氷室がラストで歌うはずだった持ち歌『失恋 ひとり旅』のオケテープが紛失したのだ! 必死に探す真鍋、健太、守たち…。そして守がテープを発見した! 急ぎ駆け込んでくる守。

…だがそこで悲劇は起きた! 転んだ拍子に守が落としたテープをなんとうららが踏み潰したのだ! 凍りつく一同…。機嫌をそこねた氷室は帰ってしまい、なんと急遽健太がその穴を埋めることになる。

 そして歌のお兄さんスタイルに着替えた健太は、イヤイヤながらも父・光雄(小野武彦)との思い出の曲『おもちゃのチャチャチャ』を歌い始めるのだった…。


歌のおにいさん TOPへ

『歌のおにいさん #2』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌のおにいさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索