2009年01月16日

必殺仕事人2009 第3話

貧乏絵師の平吉は、妻・お静のために
浮世絵の版元・鶴屋忠左衛門の元で働き始める。
だが、鶴屋には裏の顔があった……
脚本:前川洋一  監督:原田徹


江戸の街で絵師の男が殺され、持ち物から枕絵が見つかった。事件そっちのけで絵の出来栄えに感心する見廻り同心・渡辺小五郎(東山紀之)。一方、経師屋の涼次(松岡昌宏)はなぜか、珍しく羽振りの良い毎日を送っている様子だ。

その頃、花御殿のお菊(和久井映見)は、知り合いのお静(清水美沙)のことで、中村主水(藤田まこと)に相談に来ていた。お静の夫・平吉(吹越満)は伊能派の腕の良い絵師だったが、型にはめられるのを嫌って伊能派を辞めて以来、酒を飲んではお静に暴力をふるっていたのだ。



だが、お静が体を壊したのを目の当たりにし、平吉は真面目に働くことを決意。浮世絵の版元・鶴屋忠左衛門(西田健)の元で働き始めた。鶴屋と言えば、今、江戸で流行りの正体不明の絵師・酒楽による役者絵を売り出して大儲けしている版元だ。


一方、南町奉行所では、吟味方与力・桐野半兵衛(谷口高史)直々の命令で枕絵の取り締まりが決まり、鶴屋も調べることに。小五郎は、自分の好きな役者絵にまつわる仕事とあって、めずらしく進んで役目を買って出たが、鶴屋に怪しい様子はなかった。

鶴屋の職で暮らし向きの良くなった平吉だが、描きたい絵が描けずに息苦しさを感じるようになっていた。それを察したお静の励ましに後押しされて鶴屋を辞めた平吉だったが、その直後に殺されてしまう。死体の傍らには枕絵が……

同じ頃、春屋という貸本屋が枕絵を扱っているという密告があり、奉行所の手入れが入る。覚えがないと訴える春屋だったが、桐野の指示による厳しい拷問の末、以前殺された絵師と平吉の2人に枕絵を描かせていたと認めさせられ、2人の殺害も自白してしまう。

しかし、春屋で枕絵を描いて小遣い稼ぎをしていた涼次は、小五郎に対し、平吉が枕絵を描くような男ではないと断言。平吉は偽酒楽として絵を描かされた後、殺されて枕絵作者の濡れ衣を着せられたのだと推測する。鶴屋は、与力の桐野と手を組み、酒楽が死んだ後も偽の酒楽を立てて大儲けしていたのだ。

そんな矢先、お静は、平吉が枕絵を描いていなかったと証言するように鶴屋に訴えるが、逆に鶴屋の用心棒・佐久間(稲健二)によって殺されてしまう。平吉とお静の無念を晴らすべく、仕事が始まった。主水は佐久間を、源太(大倉忠義)は鶴屋の番頭・吾介(本城丸裕)を仕留めた。涼次は新しい絵師を装って鶴屋を訪れると、鶴屋の首に錐を突き立てた。一方、小五郎は奉行所から出て来た桐野を斬り捨てたのだった。


必殺仕事人2009 TOPへ


『必殺仕事人2009 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(3) | TrackBack(3) | 必殺仕事人2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、先ほどはブログにコメントありがとうございます!
トラックバック送らせていただいたんですが、なぜか反映されないようです。
FC2からseesaaって通らないことが多いんですよ。
FC2以外からもそうだとすると何かブログに付属の機能の問題ですかね。
とりあえず気にせず今後もTBしてくださいませ。
ドラマのあらすじ、参考にさせていただきます。
Posted by aoi at 2009年01月26日 23:13
あ!
すみません、トラックバック、通ってましたね!
失礼いたしましたm(__)m
Posted by aoi at 2009年01月26日 23:14
わざわざのコメント、ありがとうございました。
Posted by Dhunting at 2009年01月26日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

必殺仕事人2009 第3話 「偽装詐欺」
Excerpt: あらすじ。  袋とじを楽しむ主水(藤田まこと)にお菊(和久井映見)は天才画家の平吉(吹越満)が酒を飲み妻のお静(清水美沙)を殴るので...
Weblog: 青いblog
Tracked: 2009-01-26 22:34

必殺仕事人2009 第3話 「偽装詐欺\」
Excerpt: 朝からすっぽんを食べる渡辺家。子作りに姓をだせという姑にタジタジです。そして、朝から寒鰤を食べる涼次。何、蟹も鍋に入れていますよ。贅沢ですね。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2009-01-26 22:45

必殺仕事人2009 第三話
Excerpt: 仕事を怠けて芝居小屋に向かおうとしていた小五郎(東山紀之)は、 小さな貸本屋に涼次(松岡昌宏)が入ろうとするのを見かける。 何事かと後を追おうとするが、そこに後輩同心・大河原(福士誠治) が駆け..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2009-01-27 15:10

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
50音検索