2009年01月08日

特命係長 只野仁 シーズン4 第2話

 黒川会長(梅宮辰夫)の旧知の友人が経営する業界2位の大手・グローバル電器を誹謗中傷するサイト「グローバル電器の闇を暴く」が今、問題になっているという。どれも事実無根のデマばかりだが、このまま放置していては会社の信用に大きな傷がつく。そこで、黒川会長は只野(高橋克典)を呼び出し、このサイトの管理人「スコルピオン」の正体を探るよう命じる。

 只野はパートナーの森脇(永井大)と共に調査を開始。スコルピオンが書き込みをしているネットカフェを突き止め、それらしき人物に接近する。スコルピオンの正体は、昼間建設現場で働きながらネットカフェで生活しているフリーター・浅野(野久保直樹)だった。だが、そんな彼に接触する奈美(原史奈)という一人の女性の存在が浮かび上がる。調べてみるとなんと彼女はグローバル電器の社員だった。

 そこで只野はグローバル電器に潜入する。どうやら浅野は半年前、社内情報漏洩の責任を押しつけられ退社したらしい。黒川会長は犯人の正体が分かった以上、調査を終了するよう只野に命じる。だが、真由子(三浦理恵子)からの情報によると、グローバル電器は現在、社長派と専務派に分かれて激しい権力争いを繰り広げているという。もしかしたらそのことと浅野は何か関係が……。ところがその矢先、浅野がこつ然と姿を消してしまう。

 只野はあらためて奈美に事情を聞く。実は半年前、情報を漏らしたのは借金返済に困った奈美だった。彼女のことを想っていた浅野は奈美の代わりに罪を被ったが、その事実を専務派の山岸(西村清孝)という社員に知られ、社長派を攻撃するために利用されていたのだ。すべてを知りすぎた浅野を消そうとする山岸。と、そこへ只野が現れ、逃げる山岸に容赦ない一撃を叩き込む。
「惚れた女のためによくここまでやったな……好きだよ、そういうの」浅野にそう言葉をかけ去って行く只野。こうして事件は無事、解決したのであった……。


特命係長 只野仁 シーズン4 TOPへ

『特命係長 只野仁 シーズン4 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索