2009年01月08日

特命係長 只野仁 シーズン4 第1話

 ある日、黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野(高橋克典)は、今、大人気の韓流スター、カン・ヨンジン(高橋克典・二役)の身辺調査を命じられる。実は「カン・ヨンジンの過去をばらされたくなかったら、一億円用意しろ」という脅迫状が送りつけられてきたのだ。彼の日本でのプロモーションを電王堂が手がける以上、どんな些細なスキャンダルでも見逃してはならない。さっそく只野は来日するヨンジンを迎えに成田空港へと向かう。

 ところがその夜、ヨンジンが突然どこかに消えてしまう。只野はパートナーの森脇(永井大)と共に彼の足どりを追う。どうやらヨンジンは繁華街へ向かい、花屋を訪れた後、怪しい事務所へと入っていったらしい。只野はどうにか彼を救出するが、彼が会おうとしていたのはなんとマフィアの大物、ミン(麿赤兒)だった。ヨンジンとミンはいったいどういう関係なのか……。

 そこで只野はヨンジンが訪れた花屋を訪ね、恵美(田中美里)という女性に話を聞く。今から10年前、二人は恋人同士だったが、ヨンジンは恵美が抱えていた借金300万円を返済したきり、彼女の前から黙って去っていったのだという。さらになんとヨンジンはその頃、ミンの指示で宝石の運び屋をやっていたらしい。そこで手にした大金を恵美に渡したことでミンの怒りを買い、今回の来日に合わせて狙われたのだ。

 10年前の決着をつけるべく、只野の静止を振り切って単身ミンの事務所に乗り込むヨンジン。案の定、電王堂に脅迫状を送ったのはミンだった。だが、驚くべきことに、そこには電王堂社員の脇田(岩本恭省)がいた。金に目がくらんだ脇田はミンと手を組み、ヨンジンを使って大金を巻き上げようとしていたのだ。恵美も捕らえられ、絶体絶命のピンチ……と思った瞬間、ヨンジンが立ち上がった。その正体は、あらかじめヨンジンと入れ替わっていた只野だった。「残念だったな、日本のドラマは必ず誰かが助けてくれるんだよ」。

 只野はミンたちを難なく蹴散らし、ヨンジンと恵美を救出。そして後日、ヨンジンは自身の過去のあやまちを記者会見で謝罪。こうして事件は無事、解決したのであった……。


特命係長 只野仁 シーズン4 TOPへ

『特命係長 只野仁 シーズン4 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索