2008年12月22日

トンスラ #11

家族人質立て籠もり事件が続く中、ミカ(吉高由里子)は、本気で作品を書きたいと思い、パソコンに向かう。
ミカがヤル気になり、応援するヤブ(温水洋一)だったが、パソコンの、画面は相変わらず真っ白のまま。

そんな中、ヤブの携帯に編集長の小森(粟根まこと)から電話が入る。
出ようとしないヤブに代わってミカが電話に取ると、担当記者として正木賞の候補になっ ている舞(加護亜依)と一緒に受賞の連絡を待つように、という内容だった。
その電話によって、ヤブが舞の担当でもあったとバレてしまう。

ミカは舞のところ に行くように言うが、ヤブは自分に掛かって来た連絡を舞に伝えればいい、と弁解する。

 そこへ、突然、舞がミカの部屋にやってきた。
そして、受賞の連絡をここで待つ、と宣言する。
あたふたするヤブに対し、ミカは、気丈に振る舞い、受賞したら担当のヤブを解放する、と舞と約束してしまう。

さらに、舞は、書けなくなった作家の話を次回作の題材にする、と言い、パソコンのキーボードを叩き始める。
たまらずテレビをつけたミカは、人質事件の犯人 と自分をシンクロさせて、動揺。
そんなミカを見て、舞はさらにキーボードを打ち、ヤブもそれを盛り上げ、オルガンで伴奏をする。
最高潮に達したとき、ミカ の忍耐が限界に・・・。

そして、そのとき、ヤブの携帯鳴り、舞の結果が知らされる・・・。


トンスラ TOPへ
タグ:トンスラ

『トンスラ #11』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索