2008年10月20日

イノセント・ラヴ 第一話

6年前、長野の小さな町に住んでいた家族を悲劇が襲った。父親と母親が惨殺された上、家に放火されたのだ。生き残った13歳の少女・佳音は、燃えさかる炎の前で激しく泣き叫んだ。5歳年上の兄・耀司は、父母を助けるために炎の中に飛び込もうとする佳音の体を必死に押さえつけていた――。

19歳になった佳音(堀北真希)は、小さな喫茶店で明るく元気にアルバイトをしていた。だが、6年前の事件のことを知った経営者の由香里(須藤理彩)は、来月から妹が手伝いに来てくれることになった、と言ってやんわりと佳音にクビを言い渡す。あくる日、佳音は、少年刑務所を訪れる。両親を殺害した罪で少年刑務所に送られた兄・耀司(福士誠治)と面会するためだった。兄の無実を信じる佳音は、冤罪を晴らしてもらえるようにもう一度弁護士に頼んでみる、と言って耀司を励ました。が、このとき佳音は、故郷を離れて横浜に出る決心をしたことを耀司に打ち明けられずにいた。耀司のことを見捨てるような気がしたからだった。

音楽家の長崎殉也(北川悠仁)は、かつてCMなどの華やかな世界で活躍していたが、ある事情で第一線から身を引き、現在は、義道神父(内藤剛志)の教会で子ども聖歌隊を率いる傍ら、パブレストランでピアノを弾くアルバイトなどをして生計を立てていた。殉也の幼なじみでもある桜井美月(香椎由宇)は、彼の才能がこのまま埋もれてしまうことを心配していた。実は美月は、ずっと殉也に思いを寄せていた。

ある夜、殉也は、大学時代からの親友で、デザインの仕事をしている瀬川昴(成宮寛貴)と会う。そこで殉也は、恋人の聖花(内田有紀)を喜ばせるために、クリスマスイヴをどのように演出したらいいか、と昴に相談する。殉也、昴、聖花は、もともと同じ大学の仲間だった。昴は、そんな殉也に適当にあしらうと、ことしのクリスマスイヴは船上パーティーをやるから顔を出せ、と誘った。

アパートを借りて横浜で暮らし始めた佳音は、名前を偽って清掃会社でアルバイトを始める。その会社は、主に個人の家をクリーニングするサービスを行っていた。先輩の春江(宮崎美子)は、いまどきの若者には珍しく、文句も言わずに一生懸命働く佳音に感心していた。

ある日、佳音は、春江とともにひとり暮らしの音楽家の家に派遣される。そこは殉也の家だった。佳音は、急用ができて困っていた春江を笑顔で送り出すと、ひとりで掃除を続けた。そこで佳音は、1冊の古いアルバムを見つける。6年前の事件でアルバムなども燃えてしまい、思い出を失っていた佳音は、幸せそうな家族の写真を見るのが大好きだった。佳音は、派遣先で破棄するよう頼まれた写真や、こっそり撮った家族やカップルの写真などを部屋の壁に貼っていたのだ。
アルバムには、殉也の幼いころからの写真が貼られていた。家族との写真、クリスマスの記念写真、入学式、年下らしき少女との写真、そして、遺影を抱いて立っている写真…。その中の1枚、大人になった彼がピアノの前で笑顔を見せている写真に、佳音は心を奪われる。

そのとき、窓から吹き込んだ風で写真が吹き飛ばされた。佳音がそれを拾い集めようとしていると、そこに殉也が帰ってくる。殉也は、慌てて写真を隠そうとした佳音に、何をしていたのかと尋ねた。会社に報告されても仕方ない状況に観念した佳音は、人が笑っている写真が好きだと答えた。生きていればいろいろなことがあるが、笑顔の写真にはその人の幸せなときがずっとそこにあるから、と――。
そんな佳音の言葉を静かに聞いていた殉也は、一緒に写真を撮ろう、と言い出す。殉也は、佳音から携帯電話を借りると、彼女の肩を抱いて一緒に写真を撮った。佳音は、殉也と撮った写真をプリントし、部屋の壁に貼った。それ以来、この写真は佳音の宝物になった。
クリスマスを控え、町は賑わいをみせていた。佳音は、アパートと仕事場を往復する毎日にも充実感を味わっていた。
そんなある日、佳音は、春江が派遣先の家の引き出しの中から金を盗もうとしているところを見てしまう。春江は、狼狽しながら、見逃してほしい、と訴えた。佳音は、ちょうどそこにやってきた家人には何も言わず、仕事を続けた。

佳音が仕事を終えて会社に戻ると、彼女を訪ねて雑誌記者の池田次郎(豊原功補)という男が待っていた。所長の美代子(筒井真理子)は、池田から佳音のことを聞いたようだった。池田は、佳音を喫茶店に連れて行くと、6年前の事件の話が聞きたい、といきなり切り出した。池田は、耀司が引きこもるようになって以来、父親の誠太郎(平田満)と折り合いが悪くなったことなどを調べていた。佳音は、事件があった夜のことを思い出そうとしただけで呼吸が乱れてしまうが、それを必死に抑え、耀司は無罪だと訴えると、真実を書いてほしい、と池田に懇願した。

美代子は、インターネットで佳音が関係している事件のことを調べていた。美代子が電話に出た隙に、それを盗み見る春江。そのとき、佳音が会社に戻ってきた。美代子は、そんな佳音を呼び止めた。先週、佳音と春江が回った家から、金がなくなったという訴えがあったというのだ。春江は、その罪を佳音になすりつけようとして、佳音が名前などを偽っていたことを持ち出した。佳音は、悔しさを堪えながら、会社を後にした。

耀司に面会に行く予定だった佳音は、その途中、教会の前を通りかかる。懐かしい聖歌の響きに誘われて中に入ると、クリスマスのミサが行われていた。そこでオルガンを弾きながら子どもたちと一緒に歌っていたのは殉也だった。佳音は、その歌声に、慰められ、涙ぐんだ。

少年刑務を訪れた佳音は、耀司のために用意したクリスマスプレゼントを見せた。それは、ロザリオだった。耀司は、佳音が横浜に引っ越したことを知ってショックを受けていたが、その思いを抑えて、自分も行って見たい、と佳音に告げた。別れ際、佳音は、好きな人ができた、と耀司に告白した。耀司は、微笑みを浮かべながら、「そうか、良かったな」と応えた。

横浜に戻った佳音は、クリスマスプレゼントを持って殉也の家を訪ねた。プレゼントの中身は、ロザリオを買った店においてあった、グランドピアノ型のオルゴールだ。が、あいにく、殉也は不在だった。佳音は、しばらく家の前で殉也の帰りを待っていたが、諦めて玄関先にプレゼントを置いて帰っていく。

しばらくして、クマの着ぐるみとサンタクロースの衣装を身につけた殉也が戻ってくる。殉也は、佳音が置いたプレゼントには気づかなかった。殉也は、着ぐるみ姿のまま家の中に入ると、鍵がかかっている部屋に向かった。クマの頭を脱いで、「メリークリスマス!おめでとう、聖花!!」と笑顔を見せる殉也。目の前には、ベッドに横たわっている聖花の姿があった。チューブや医療器械につながれた状態の聖花は、何の反応も見せずに、うつろな目でただ宙を見つめていた。

その夜、耀司は、佳音からもらったロザリオをじっと見つめていた。次の瞬間、突然叫び、暴れだす耀司。駆けつけた刑務官たちは、耀司を引きずりだし…。


イノセント・ラヴ TOPへ

『イノセント・ラヴ 第一話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索