2008年10月10日

<ドラマ視聴率>「流星の絆」、初回は21.2% 「スキャンダル」も好スタート

<ドラマ視聴率>「流星の絆」、初回は21.2% 「スキャンダル」も好スタート

> 週末の17〜19日にスタートした連続テレビドラマ第1回の視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)が20日出そろった。17日放送の「流星の絆(きずな)」(TBS系、金曜午後10時〜)が21.2%と20%超え。19日放送の「スキャンダル」(同、日曜午後9時〜)も16.9%と高視聴率を記録した。

 「流星の絆」は、直木賞作家の東野圭吾さんのミステリーが原作。幼いころに両親を殺害された3兄妹(二宮和也さん、錦戸亮さん、戸田恵梨香さん)の復しゅう劇を描く物語で、「木更津キャッツアイ」などで人気の宮藤官九郎さんが脚本を手がけている。

 「スキャンダル」は鈴木京香さん、長谷川京子さん、吹石一恵さん、桃井かおりさん演じる4人の女性がある事件をきっかけに友情を深めていくストーリーで、脚本は「グッドラック!!」などの井上由美子さん。

 いずれもキャスト、スタッフで話題の作品で、前評判通りの好スタートとなった。


関連リンク
クドカン×東野『流星の絆』が『風のガーデン』上回る視聴率21.2%で今期ドラマ一番

『<ドラマ視聴率>「流星の絆」、初回は21.2% 「スキャンダル」も好スタート』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマ視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索