2008年10月17日

ギラギラ #2

公平(佐々木蔵之介)は、無事に3人の指名を獲得し、正式採用された。「リンク」を牛耳るナンバーワンホスト・イーグル(五十嵐隼士)は、恋人でもある一番客・小夜(原幹恵)が公平に指名替えしたこともあって、ますます敵意を燃やしてくる。

一方、公平は、小夜が自分を指名しているのはイーグルの気を引くためだと気づく。何か深刻な悩みを抱えていると察し、彼女の経営するエステサロンを訪ねると、店は閉店していた。小夜は、借金返済のために風俗の面接を受けることを決めたが、イーグルに心配をかけまいと黙っていたのだった。

公平とイーグルのバトルで「リンク」が揺れる中、堂島文治(平泉成)率いるアトラスグループの六本木進出が決まった。しかも、その場所は「リンク」の真下だという。その背後には、かつての公平の先輩でもあり、“銀座の将軍”と呼ばれる葛城大成(石橋凌)の影が。歌舞伎町最大のホストクラブの進出に、「リンク」のホストたちも浮き足立つ。


そんなとき、公平は店の前で、かつての後輩ホスト・影士(阿部力)とばったり再会する。なんと「六本木アトラス」を任されたのは影士だったのだ。公平に恩返ししたいという影士は大金を差し出し、「六本木アトラス」の副社長になってほしいと申し出る。しかし、公平は後輩の前ではカッコつけていたいときっぱり断った。

小夜が風俗の面接を受ける日が来た。公平は、口止めされたにもかかわらず、イーグルに真実を話して「心の痛みを感じなくなったらホストは終わりだぞ」と忠告する。だが、イーグルは自分に必要なのは金のある女だと強がった。仕方なく公平は小夜の面接にかけつけるが、従業員たちに袋叩きにあってしまう。


オーナーの有希(真矢みき)は、公平には自分の客が未払いで自殺した過去があることをイーグルに告げた。公平が自分を心配していることを痛感し、小夜の大切さを思い知ったイーグル。面接場所にかけつけて小夜を救い出すと、店を辞めて彼女と結婚することを決めた。

イーグルは公平を本部長に推薦し、店を去った。しかし、その決定に不満を持つホストたちは、影士の引き抜きによって「六本木アトラス」に移籍してしまう。店を訪れた公平に向かって、影士は、公平と同じフィールドで戦うことを夢見ていたと言い放ち、宣戦布告した!


ギラギラ TOPへ
タグ:ギラギラ

『ギラギラ #2』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索