2008年10月12日

スクラップ・ティーチャー #2

 杉虎之助(上地雄輔)のクラスの生徒・大崎沙莉(伊藤沙莉)が万引きをしたという連絡が職員室に入る。大崎が万引きしたのは、ヘアゴム。高須(八嶋智人)は、これは生活指導の自分の仕事だと言ってひとりで大崎を引き取りに向かう。以前にも大崎がシャープペンを1本盗んで捕まったことがあると知った杉は、“心が風邪を引いているに違いない”と心配するが、戻って来た高須から、大崎が思いつめる様子もなく明るく帰宅した、と聞いた杉は、割り切れない思いでいっぱいだった。

 翌日、処分を決める職員会議の間、大崎は、生徒指導室にいた。万引きの噂を知り心配する久坂(中島裕翔)と一緒に大崎に会いに来た高杉(山田涼介)は、反省文を書くよう指示。だが、その職員会議はまるで雑談の場。杉は、処分を一任された高須が単純に、“処分なし”で終わらせると知り、納得がいかない。まもなく、杉の授業中、入江(有岡大貴)が『万引きをしよう』というメモを回したことから、大崎の処分に疑問の声があがる。いたたまれずに教室から飛び出した大崎は、追いかけてきた杉に、“処分なし”とした高須のやり方が間違っていると告げ、自分も先生たちも最低だとぶちまけた。

 杉は、すぐにもう一度しっかり問題に取り組むよう高須に迫る。だが、大崎の内申書に傷が付くのを防いだという高須は、自分のやり方は正しくはないが間違ってはいないと言い切る。
 次の日、杉は、欠席した大崎の机の中に反省文があるのを見つける。そんな杉の元に、その日欠席していた久坂から緊急連絡が入る。久坂は、不良グループに誘われている大崎を連れ戻そうとしていた。杉は、再び高須に食い下がるが、松尾(向井理)に、ロッカールームに閉じ込められてしまう。

 そんな中、高須は、高杉(山田涼介)、吉田(知念侑李)、入江の3人にサッカー対決を申し込まれる。高須は自信満々でその勝負を受ける。

 高校時代サッカー部だったと言う高須だが、高杉のボールを全く止められない。何が目的か?と怒る高須に対して、あなたは自分が常に正しいと思い込んでいる、可哀そうな教師だと、大崎が書いた反省文を置いて去っていく。その反省文には、叱られるのを待っていた、それが自分をちゃんと見ていてくれることだ・・・と書かれていた。

 一方、不良グループから大崎を連れ戻そうとしていた久坂は、彼らの溜まり場となっている倉庫へ連れて行かれる。滝(加藤あい)から知らせを受け駆けつけた杉は、久坂の代わりに自分を殴れと、二人を助ける。杉は不良達に痛めつけられながらも、二人にはもう構わないで・・・と必死に頼む。

 そんな時、高杉・吉田・入江の3人が現れ、不良達をあっという間に倒す。やはり普通の中学生ではない3人を見て、唖然とする久坂と杉そして滝。

 翌日、生徒指導室では高須が大崎に、もう一度、今回の万引きの件を職員会議で話し合うと告げた。

スクラップ・ティーチャー 〜教師再生〜TOP

『スクラップ・ティーチャー #2』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索