2008年10月11日

サラリーマン金太郎 第2話

 黒川専務(古谷一行)を辞任に追い込んだ後、ついには大和会長(宇津井健)の解任動議を取締役会で提出しようとする大島社長(柴俊夫)。このままではヤマト建設が乗っ取られてしまうのは時間の問題だ。大和会長と磯釣りに興じる金太郎(永井大)だが、はたしてこの大ピンチを打ち破る秘策はあるのか? 一方、営業四課では水木(風見しんご)たちが大島社長の不正を暴こうと奮闘していた。

 そんなある夜、金太郎は路上でホステスに暴力をふるう男を殴りとばす。偶然それを見ていた美鈴(井上和香)は「今の相手、ちょっとまずいかも……」と金太郎に忠告する。美鈴の懸念通り、翌日、見るからにカタギではない男たちが営業四課に殴り込んで来る。実は昨晩、金太郎が殴った男はなんと闇社会を牛耳るフィクサー・三田善吉(麿赤兒)の息子だったのだ。
だが、そんなことは金太郎にはまったく関係ない。我が者顔でふんぞり返る三田の子分に金太郎の怒りが爆発する。「久しぶりに切れちまったよ。死ぬほど嫌れえだ……てめえらみたいに一方的に振る舞う奴らがよ!」

 ついに開かれた取締役会。しかし、いきなり大和会長が大島社長の解任動議を提出した。返す刀で大和会長の解任を叫ぶ大島社長。時を同じくして、屋上では金太郎が死闘を繰り広げていた。思わず前田(菊池健一郎)が叫ぶ。「やめろ! 金太郎! そのケンカ、絶対に勝ち目はないんだ! 絶対に勝てない相手なんだよ!」しかし、何度もあきらめず立ち向かう金太郎の姿を見て、水木は奮起する。
「ただ億劫だったり、困難だったり厄介だったり……そんなことを避けて通り、何も動こうとしない。それが大人だ、それが常識だ、そう思っている方がおかしいんだ。間違っているのはわれわれの方だ!」

 取締役会議の行われている会議室では、大島社長の解任動議に一人、そしてまた一人、役員たちが立ち上がって賛成を表明していく。そして最後に黒川専務(古谷一行)が大島社長に向かって叫ぶ。
「俺らのヤマト建設を潰すような真似をしたら、おまえを叩き殺して俺も死ぬ! それが俺の覚悟だ! 会長のためにならいつでも死んでみせる!」こうして大島社長は解任され、ヤマト建設は無事、守られたのだった。

 翌日、大和会長のもとに三田善吉から電話がかかってくる。新しく社長となった黒川に後を託し、金太郎と共に三田の待つ料亭へと向かう大和会長。「会長……」「詳しい話は車でする。一緒に来るんだ」「どこへですか」「戦場だ……われわれの生死をかけた」はたして金太郎とヤマト建設を待ち受ける運命とは……?

サラリーマン金太郎TOPへ

『サラリーマン金太郎 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索