2010年01月09日

ブラッディ・マンデイ TOP

『BLOODY MONDAY』(ブラッディ・マンデイ)は、龍門諒原作・恵広史作画の漫画作品、およびそれを原作とした連続テレビドラマ。


概要
日本の天才ハッカーである高校生がハッキング能力を駆使しながら日本の治安機関と協力をして、無差別大量殺人を目論むテロ集団に立ち向かう物語。

『週刊少年マガジン』2007年17号より連載を開始。「目眩く頭脳戦!」「予測不能の展開から目を離すな!」「少年漫画史を変えるショッキングサスペンス連載」というフレーズでの宣伝がなされた。第1話は巻頭カラーで67ページという大型企画での掲載となった。

なお2009年20号(4月15日発売)でSeason1が終了し、2009年46号(10月14日発売)からSeason2「絶望ノ匣(パンドラノハコ)」が連載中。


テレビドラマ

2008年10月11日から12月20日まで、TBS系列で毎週土曜19:56 - 20:54(JST)に放送。初回は19:00 - 20:54の2時間スペシャルとして放送された。

東宝とTBSの共同制作によるTBS土曜8時枠の連続ドラマの第3弾であり、三浦春馬のドラマ初単独主演作でもある。

同枠では本作以降より撮影にシネマ風エフェクト(フレームレートを29.97fpsから24fpsにわざと落として表現させる)が用いられるようになった。

2010年1月23日から同年3月20日まで、第2シリーズが土8枠で放送。全9話。

原作からの主な変更点
* 藤丸ら5人の新聞部員達の学年が2年生に統一されている。

* THIRD-iの所属・正式名称が「公安調査庁調査第一部第三課」から「警察庁警備局公安特殊三課」に変えられている。

* 日景がテロ組織の一員になっている(藤丸に対する私怨)。しかし、元々テログループの一員で藤丸をおびき出すために、K(真子)と演技をしてた可能性もある。

* ジャック・デイモンをはじめとするテロリストのメンバーの名が日本人風の別名に置き換えられている。

* 一部の登場人物の名前が原作とドラマでは異なる。

* 加納には遥と同い年ぐらいの娘がいることになっており、原作よりも年齢が上に設定されている。

* 原作ではJが音弥の弟となっているが、ドラマ版ではJが音弥を「我が弟」と呼んでいる。

* 船木の言動や行動が遥や藤丸を傷つけるもので、非常に悪印象な物となっている。

* 敷村も自らの研究のためにテロリストに『BLOODY-X』を手配する悪人として描かれている。

* 反対に鎌田は西川絡みの失態がなく、嫌味ながらも一応は最後まで対テロリズムのために働いた人物となっている。

* Jの部下に対する態度に違いがみられる。原作では信頼している部下の失敗の追及が緩いものであったが、ドラマ版ではどの部下も信頼せず、怒りのあまりに安藤健(ブルーバード)を射殺している。

* THIRD-iメンバーの藤丸に対しての接し方が若干厳しくなっている。

* 宝生のスパイ発覚のきっかけが、原作は「ウイルステロを上司に報告していなかった」のに対し、ドラマは「後から追ってくる組織の車をトンネル内で見えるはずの無い青色の車と口を滑らせた」という点に変更されている。

* 英は原作では『BLOODY-X』を発症した後マウーロに撃たれて死亡したが、ドラマでは抗ウイルス剤が間に合わずに死亡している。また、その死を他の新聞部メンバー全員で看取ることになるなど、より重く描かれている。

* 死亡する人物が原作よりも多く、原作では生存している人物でもドラマで早々と死亡することがある(朝田あおいや高木竜之介など)。

* 魔弾の射手の「ビースト」は、原作では高木竜之介だが、ドラマではシーズン1で高木竜之介は死亡しているため別人。

* 「K」の生存。(但し、『BLOODY MONDAY』が失敗したことで精神が崩壊した状態のため、「生ける屍」として施設に軟禁されている)。

* 「ホーネット」が魔弾の射手のメンバー。人物像も十五歳の藤代壮太という少年であり、制裁としての個人情報公開も未遂で終わっている。

* 魔弾の射手のリーダーが「スパイダー」という藤丸とホーネットにハッカーとしての道を選ばせた女性ハッカー・倉野理沙となっている。

* 魔弾の射手がツァーリ・ボンバのテロ以外に毒ガステロや未成年への拳銃譲渡など、無差別テロを起こすグループとして描かれている。

* 藤丸(ファルコン)とホーネットが、自身のマークをプリントしたUSBメモリーを所持。ハッキングの際に使用している。

* 藤丸が原作と比べると感情的になる場面が多く、遥や友人達が人質に捕られた場面などでは原作以上に取り乱すことが多い。

* 原作では藤丸にパソコンの操作を教えたのは高木佳奈子(母親)だが、ドラマでは、敷村理沙/倉野理沙(スパイダー)であり最終話で、その様子が少し描かれた。


補足
* 番組の最後に『番組中の通称「ハッキング」行為は「不正アクセス禁止法」に触れる犯罪です。ストーリーのフィクションなので絶対に真似しないでください。』という視聴者への注意喚起のテロップが表示されている。

* Season1ではHP社製のPCを主に用いられたが、Season2ではApple社のMacが主に用いられている。

* Season2において現時点で連載中だがドラマ化に当たって原作者や編集部とも打ち合わせをした上で別のストーリーが用意された。



キャスト
* 高木藤丸:三浦春馬
* 折原マヤ:吉瀬美智子
* 九条音弥:佐藤健
* 加納生馬:松重豊
* 宝生小百合:片瀬那奈
* 南海かおる:芦名星
* 敷村壮介:神保悟志
* 日景潔:並樹史朗
* 朝田あおい:藤井美菜
* 高木遥:川島海荷
* 安斎真子:徳永えり
* 立川英:久野雅弘
* 工藤明:久保田将至
* 宗方瞳:村岡希美
* 沖田耕一:工藤俊作
* 澤北美姫:阿南敦子
* 船木勘助:螢雪次朗
* 伊庭刑事:尾崎右宗
* J / 神崎潤:成宮寛貴(特別出演)
* 出門丈一:TET
* 富永京子:宮澤美保
* 有村望:恒吉梨絵
* 宮本耀:安部魔凛碧
* 西田笑太郎:斗澤康秋
* 安藤健(ブルーバード):山口龍人
* 田辺僚:永倉大輔
* 小林大助:谷口翔太
* 城田学:滝藤賢一
* 石川看守:野間口徹
* 浅倉看守:佐伯新
* 黒崎所長:山中敦史
* 安岡啓太郎:浜田晃
* 大杉健一:中根徹
* 安田由紀子:江口のりこ(第1話・第2話)
* 中川沙織:原田佳奈(第4話 - 第6話)
* 村上杏里:渡辺志穂(第3話 - )
* 鎌田淳一郎:斎藤歩(第7話 - )
* 九条彰彦:竜雷太(特別出演)
* 苑麻孝雄:中原丈雄
* 神島紫門:嶋田久作
* 高木竜之介:田中哲司
* 霧島悟郎:吉沢悠

Season2からのキャスト
* 水沢響:黒川智花
* 萩原太朗:高嶋政宏
* 海堂秀光 :又平デビット幸太郎

「紳助社長のニッポンプロデュース大作戦!」(TBS、2010年1月10日)内の企画でスカウトされた。

* 槙村慎二:水上剣星
* 琢磨洋子:秋田真琴
* 島村太:藤木孝
* 竹内由希:滝沢涼子
* 疋田光利:矢柴俊博
* 八木佑介:竹内寿
* レディバード〔魔弾の射手〕:八代みなせ
* ビースト〔魔弾の射手〕:肥野竜也
* モスキート〔魔弾の射手〕:「ジョンミン
* ホタル〔魔弾の射手〕:金原杏奈
* ホーネット/藤代壮太〔魔弾の射手〕:神木隆之介(友情出演)
* 江本加奈〔魔弾の射手〕:阿部真美
* スパイダー/敷村理沙/倉野理沙/〔魔弾の射手〕:満島ひかり
* 種田登:宮内敦士
* 中林信行:趙a和
* 和田有香:橋本亜紀
* 赤石一彦:堀部圭亮
* 鈴井卓也:柳澤貴彦 
* 教授:津嘉山正種


スタッフ
* プロデューサー:蒔田光治、神戸明、樋口優香
* 脚本:蒔田光治、渡辺雄介
* 演出:平野俊一、波多野貴文、宮下健作
* 音楽:井筒昭雄
* 音楽プロデュース:志田博英
* 特殊メイク:松井祐一
* アクションコーディネイター:田渕景也
* ガンエフェクト:BIGSHOT
* 技術協力:東通
* 美術協力:アックス
* ハッキング監修:サイバーディフェンス研究所
* スタジオ:砧スタジオ
* 製作:東宝、TBS

主題歌
* flumpool「Over the rain 〜ひかりの橋〜」(A-Sketch)【Season1】
* flumpool「残像」(A-Sketch)【Season2】


シーズン1各話あらすじ
(2008.10.11 - 2008.12.20)全11話 平均視聴率11.35%
#01 2008年10月11日「日本最後の日!1人の命か!? 1000万人の命か!?最凶ウイルステロの陰謀と伝説の天才ハッカーの闘いがいよいよ今夜はじまる!!」

#02 2008年10月18日「ウイルステロついに勃発!!迫り来る日本最後の日!!」

#03 2008年10月25日「裏切り者は誰だ!?味方に潜む敵の影!! テロ首謀者・現る」

#04 2008年11月1日「裏切りと悲劇の女!!明らかになる日本壊滅テロの真相!?」

#05 2008年11月8日「東京壊滅!?現れたテロ首謀者との生死を懸けた対決!! 」

#06 2008年11月15日「日本最後の日!?破壊と滅亡、そして父の真相が明らかに」

#07 2008年11月22日「テロ全貌が今夜明らかに!!非情な計画が日本を襲う!!」

#08 2008年11月29日「遂に大量感染!?拘置所に眠る犯罪者の大脱走計画の全貌」

#09 2008年12月6日「テロ最終章!! 神が与えし教祖の死、そして最後の月曜へ」

#10 2008年12月13日「東京炎上!? 死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」

#11(最終話)2008年12月20日「今夜0時東京壊滅テロ宣言へ!!生死を懸けた終幕へ」


シーズン2各話あらすじ
(2010.1.23 - 2010.3.20)全9話 平均視聴率8.08%
#01 2010年1月23日「今夜日本に核投下!!最凶テロの日本再起動計画…衝撃の首相暗殺1500万人の命が一瞬で!!止まらない悲劇に伝説のハッカーの孤独な戦いが今、始まる!!」

#02 2010年1月30日「東京壊滅テロへ!!迫るテロの悲劇と東京最期の日!?」

#03 2010年2月6日「友情と裏切り…驚愕の毒ガステロの真相!!味方に敵が!?」

#04 2010年2月13日「ヒロイン死す!!裏切り者の正体分かる舞い降りる死の灰!?」

#05 2010年2月20日「今夜、日本沈没!?最悪の核が遂に!?」

#06 2010年2月27日「最愛の友の死!?現れた宿敵の顔は!!最凶テロが遂に終幕!?」

#07 2010年3月6日「最終決戦の時!!テロ首謀者の真相と正体!?遂に迎えた終焉」

#08 2010年3月13日「全真相が遂に!!首謀者は!?原発とは!?復讐とは!?衝撃の真相と結末!!」

#09(最終話)2010年3月20日「この世の果てテロの悲劇と結末へ!!明かされる真実と鍵」


各話視聴率


テレビドラマ版公式サイト(BLOODY MONDAY - Wikipedia)

マガメガ - BLOODY MONDAY
マガメガ - BLOODY MONDAY Season2∼絶望ノ匣~

『ブラッディ・マンデイ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索