2008年09月16日

あんどーなつ 最終話あらすじ

残暑も消えすっかり秋めいてきた頃、満月堂の女将・光子(風吹ジュン)は茶道一ツ橋流家元の一ツ橋あやめ(白川由美)から、彼女が流派の経営を後進に譲ることにしたと聞く。しかし、その世代交代のおかげで、一橋流のお茶会に出すお菓子は「コンクールで優勝した菓子屋」に任せることになってしまった。あやめは今まで通り満月堂の菓子でお茶を点てるためにも、次のコンクールに参加してほしいと光子に懇願。しかし、満月堂にはその手の競争には参加しないという決まりがあり、女将の光子はどうすべきか苦悩する。
光子から事の仔細を聞いた梅吉(國村隼)は、あやめのためにもとコンクール出場を快諾することに。さらに、準決勝を竹蔵(尾美としのり)と奈津(貫地谷しほり)の二人に任せると言い出して…!?

そんな頃、キッチンミツヤの末っ子・陽介(細田よしひこ)は、渡仏の準備を進めていた。フランス随一のパティシエに弟子入り志願の手紙を送り続け、遂に許されたというのだ。それを聞いた奈津は…。


第一話 2008年7月07日 「お菓子な出逢い」
第二話 2008年7月14日 「破門!?最初の試練」
第三話 2008年7月21日 「花火大会の夜、涙と奇跡の和菓子が生まれる…」
第四話 2008年7月28日 「土用丑の日ウナギ騒動!」
第五話 2008年8月04日 「出たあ! 浅草幽霊大騒ぎ 竹村謙太郎」
第六話 2008年8月11日「実家を乗っ取られた兄!」
第七話 2008年8月18日 「浅草芸者の心意気」
第八話 2008年8月25日 「しょっぱい帰郷」
第九話 2008年9月1日 「女将さんがお見合いっ!?」
第十話 2008年9月8日 「父と息子…涙のオムレツ」
第十一話 2008年9月15日 「京都から来た男」
最終話 2008年9月22日 「のれんを懸けた決勝戦」

『あんどーなつ 最終話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索