2008年09月10日

シバトラ 最終話あらすじ

 柴田竹虎(小池徹平)は、落合建夫(橋爪遼)の胸元に差してあった「鬼神が復讐の裁きを下す」というメッセージを手にする。するとそこへ、新庄徹(宮川大輔)が来て竹虎に疑いの目を向ける。
竹虎が鬼神のメッセージを見せても新庄は信じず、結局、警察に連行されることに。そのとき、竹虎は落合の側に羽根が落ちているのに気づく。拾いあげて見た竹虎の脳裏に、ある思いがよぎる。

 同じ頃、竹虎が落合殺害の容疑者になったという報せが、藤木小次郎(藤木直人)、千葉さくら(真矢みき)に届く。

 警察に向かうパトカーの中で竹虎は、新庄から小次郎が白豚(塚地武雅)の傷害事件の事情聴取で拘留されていること、さくらも竹虎の少年刑務所への潜入の責任を取って拘束されていることを聞く。
そんなとき、新庄が路上にいる宝生美月(大後寿々花)に気づく。
竹虎も見ると、頭に鈍い痛みが走り、美月の体に死神の手がまとわりついているのが見える。そこへ、竹虎の携帯に本牧高校の楠木裕二(川野直輝)から、「鬼神メール」が届いたと連絡が入る。メールには、今夜7時23分に鬼神が美月に死の制裁を下すと書かれているという。

 すると、突然、新庄が竹虎の携帯を取り上げ、そこについている羽根のストラップが落合殺害の現場に落ちていたものと同じだと指摘。竹虎は、新庄から携帯を奪うとパトカーを飛び出し、走り出す。

 横浜みなみ署に戻った新庄は、常盤遼子(井上和香)に竹虎を取り逃がしたことを責められるが、竹虎が落合を殺害した決定的な証拠だと言って羽根を見せる。遼子は改めて竹虎を確保するように新庄に指示を出す。

 古着店に戻るが刑事らが張り込んでいて中に入れない竹虎は、物陰に隠れて携帯を取り出す。そこについた羽根は、白豚が作ったオリジナルで竹虎、美月、小次郎、白豚、さくら、そして、鮎川環(南明奈)に渡されたものだった。その6人の誰が落合を殺害したのか。
竹虎は思いを巡らせながら、追ってくる警察から逃げ続ける。そんなとき、へルタースケルターの宇崎亨(聡太郎)に声をかけられ、竹虎は宇崎とともに本牧高校へやってくる。



 教室には、楠木、武良広海(鈴木亮平)、町田リカ(末永遥)、金沢岳(三浦涼介)、毛利文明(倉貫匡弘)が、竹虎に協力しようと集まっていた。パソコンを開いた毛利は、今夜7時23分に鬼神サイトを見ろと鬼神からメールが来ていたと教える。鬼神は、美月を殺すところをリアルタイムで配信するつもりなのではないかと、生徒たちに緊張が走る。そんなとき、竹虎に小次郎から連絡が入る。さくらの尽力で釈放されたという小次郎は、やがて竹虎と合流。ふたりは、真なる鬼神の正体をたどるため、半年前に起こった最初の鬼神事件を手がかりにする。事件が竹虎が勤務していた交番の近くで起こっていたと知ったふたりは、交番にやってくる。




 早速、竹虎が当時の勤務日誌をめくると、半年前に堀田佳史という男性がヘルメット集団に襲われたとの記述があった。堀田という名前に覚えがない竹虎に、元上司・木下満男(今田耕司)はそれは偽名で聴取の途中で逃げ出した奇妙な男だったと話す。そして、男の特徴を似顔絵にし始める。そんなところへ、南原貫太郎(内田滋)が警官隊を率いてやってきて、竹虎と小次郎に交番から出てくるように告げる。
予告された美月の殺害時間まで1時間を切り説明していられない竹虎は、小次郎が南原を引き付けている隙に完成した似顔絵を持って走り出す。そして、堀田の事件の調書に書かれていたベイホールに向かうべく、協力を買って出た環が運転するミニパトに乗り込んだ……と思いきや、運転席にいたのは新庄で竹虎を警察署に連行するという。それを聞いた竹虎は、美月に死の危険が迫っていると繰り返し訴え、とにかくホールへ向かってほしいと懇願する。



 そして、7時23分――。
ベイホールにたどり着いた竹虎は、ひとりステージ上にいる美月を見つけると、「君が本当の鬼神だったんだね」と、美月に語りかける。半年前の7時23分、ベイホールで堀田が襲われたとき、鬼神が誕生したのだ。実は、堀田は美月の義父・宝生光彦(近江谷太朗)で、光彦から虐待を受けていた美月が鬼神というシステムを考え高校生たちに光彦を襲わせたのだ。しかし、覚せい剤を使っていた光彦は、事件を表ざたにすることはなかった。
美月は、光彦への制裁が済んだ時点で鬼神を封印するはずだったが、3ヵ月後に本牧高校の河東学人(大東俊介)が鬼神を名乗って犯罪を重ねたりと、思わぬ形で鬼神の影響が出てしまった。それに心を痛めた美月は、自分が鬼神であることを告白、みんなの前で自殺をすることで、鬼神を終わらせようとしたのだろう――。そんな竹虎の推理を、美月は肯定する。竹虎は、落合の殺害現場に落ちていた羽根を見た時点では疑っていなかったが、半年前の事件を知り、さらに、白豚のパソコンから鬼神メールを出した痕跡を見つけたときには、それが美月が正体をわからせるためにわざと残したものだと思い、落合殺害を含めて、美月が犯人だと確信したと話す。






 犯行の動機を尋ねる竹虎に美月は、竹虎らと出会い楽しい毎日を過ごしていても、自分の中に出来てしまった闇は消えることはなく、光を知れば知るほど辛かったと心情を吐露。そして、父親に覚せい剤を売ったことで自分に闇を作った落合が許せずに殺したと、落合殺しも自供する。

 すると、そこに小次郎が現れて、落合を殺したのは自分たちのためだろうと言う。美月は否定するが、小次郎は以前、落合がこの世から消えない限り幸せはやってこないと美月に話していたのだ。それを聞いて、落合殺しを思い立ったのだろうと言うのだ。

 ところが美月は、竹虎と小次郎に銃を突き付け、自分ひとりで死なせてくれと懇願。小次郎の必死の説得にも銃を下ろそうとしない。
小次郎は竹虎に、美月に声をかけろと言うが竹虎は無言のまま、美月に一歩ずつにじり寄っていく――その目からは、涙が零れ落ちている。それ以上、近づいたら本当に撃つ、という美月にも動じず近づいていく竹虎。そして、いよいよ銃口が竹虎の体に触れると、やがて美月は脱力したように力なく銃を落とす。

 そんな美月を竹虎は抱きしめると、「やり直そう」と静かに、しかし力強い声で言う。竹虎の目にも、美月の目にも熱い涙が流れる――。

 その後、やってきたさくらが、美月を竹虎とともに連行する。竹虎たちを送るのが最後の仕事でよかったと言うさくら。さくらは、一連の事件の責任を負って箱根署への異動が決まったのだ。

 警察への移動中、さくらのパトカーの横を、白豚を乗せた小次郎のバイクが並走する。美月の脳裏には、小次郎たちとの楽しい日々が蘇る。

 後日、横浜みなみ署の新庄に、竹虎らとおそろいの羽根付きストラップが届けられる。いぶかしがる新庄だが、最後の最後で「暑苦しい刑事になりたかった」と思いを明かし、竹虎たちを助けてくれた――そのお礼に届けられたものだった。そこへ、環らが来て、竹虎の復職が決まったらしいと歓声をあげる。南原曰く、遼子がいろいろと骨を折ってくれたおかげで、お咎めもないという。

 その頃、竹虎は雨の中パトロールに出た繁華街の路地裏で、若者に絡まれ、金を無心されていた。またしても、中学生に間違えられたのかと切なくなる竹虎に、若者は「高校生だろ?」と反論。その答えに、竹虎はうれしそうな顔を見せ――。



第1話 2008年7月08日 「童顔刑事(秘)潜入捜査せよ」

第2話 2008年7月15日 「約束・・・君のために僕は飛ぶ」

第3話 2008年7月22日 「裏切り僕は貴方を許さない!」

第4話 2008年7月29日「完結編 君が鬼神なんだね」 

第5話 2008年8月05日 「萌え〜メイド喫茶に(秘)潜入」  

第6話 2008年8月12日「復讐…涙あふれる最終対決」

第7話 2008年8月19日 「悪魔の誘惑…必ず君を救う」

第8話 2008年8月26日 「勇気…予測不能の脱出!」

第9話 2008年9月02日 「刑務所潜入…驚愕の計画!」

第10話 2008年9月09日 「脱獄!チーム最大の危機!」

SP 2009年5月9日 「あの童顔刑事が帰ってくる完全新作!連続爆破とバスジャック同時発生“僕は絶対君を守る”タイムリミットまで爆破回避できるのか」
タグ:シバトラ

『シバトラ 最終話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索