2008年09月09日

あんどーなつ 第11話あらすじ

浅草界隈の年中行事である月見の季節が近づき、今年の幹事は陽介(細田よしひこ)が務めることになった。しかし、参加者は口々に要望を出し、なかなかいい場所が見つからない。困った陽介は居酒屋・まめ太のまめ奴(牧村三枝子)に相談する。そして満月堂では、親方の梅吉(國村隼)が月見で食べる饅頭の作成を竹蔵(尾美としのり)と奈津(貫地谷しほり)に命じる。売り物ではないとはいえ、本格的な和菓子作りに奈津は興奮する。

さて、そんな満月堂には珍しい客が。梅吉が京都時代に世話になった和菓子屋・虎月庵の職長・白井(西岡徳馬)だ。白井は薬の影響からか菓子の味がわからなくなってしまったという。そして自分の弟子が未だ一人前ではないこともあり、梅吉に自分の後任として虎月庵に戻って来て欲しいと懇願する。かつての恩人の唐突な要請に梅吉は戸惑う。満月堂の女将・光子(風吹ジュン)に相談するが、光子はこちらは大丈夫だから行ってあげてと言うばかり。しかもこの話が竹蔵と奈津にも伝わり、二人も動揺を隠せない。不安が渦巻くそんな満月堂にある日、虎月庵の女将・松村俊子(仁科亜希子)が訪ねてきた。俊子は梅吉を後釜に据えて身を引こうとしている白井を引き止めに来たというが…。


第一話 2008年7月07日 「お菓子な出逢い」
第二話 2008年7月14日 「破門!?最初の試練」
第三話 2008年7月21日 「花火大会の夜、涙と奇跡の和菓子が生まれる…」
第四話 2008年7月28日 「土用丑の日ウナギ騒動!」
第五話 2008年8月04日 「出たあ! 浅草幽霊大騒ぎ 竹村謙太郎」
第六話 2008年8月11日「実家を乗っ取られた兄!」
第七話 2008年8月18日 「浅草芸者の心意気」
第八話 2008年8月25日 「しょっぱい帰郷」
第九話 2008年9月01日 「女将さんがお見合いっ!?」
第十話 2008年9月08日 「父と息子…涙のオムレツ」
第十一話 2008年9月15日 京都から来た男

最終話 2008年9月22日 「のれんを懸けた決勝戦」

『あんどーなつ 第11話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索