2008年08月22日

四つの嘘 第八話あらすじ

 大森(崎本大海)と二人きりで会った詩文(永作博美)は、詩文堂へと大森を誘うと、「ウソとホントの見分けもつかないような人を傷つけないで」と告げる。詩文が大森を呼び出した目的は、満希子を傷つけないようにと忠告するためだった。

 一方、満希子(寺島しのぶ)は店の金を持ち出し、大森への誕生日プレゼントに175万円もする時計を購入する。そんな満希子に大森は、手を握りながら「行けるところまで行こう」とささやき、大学の友人にも堂々と“彼女”として満希子を紹介。友人たちにも「41歳には見えない、若い!」と言われ、大喜びの満希子。

 翌日、澤田(石黒賢)が詩文堂へやってくる。いつになく真剣な面持ちの澤田は、「この店を閉め、ラブホテルの仕事も辞めて、僕の妻になってくれ」と一気にまくしたてる。僕の願いはそれだけだという澤田に、詩文は「何もしないの?」と意味深な微笑を見せる。

 武(渡辺いっけい)の浮気と、ゆかり(夏未エレナ)のバイトに腹を立てた満希子は、一切の家事を放棄。そんな中、武が金庫から無くなっている200万円に気づいてしまう。武に問われた満希子は、君子に渡した手切れ金だと嘘をつく。

 ネリ(高島礼子)にストーカーまがいの行為をしていた研修医の福山(長谷川博己)は、正体がばれてもなお、病院の内外でネリに執拗に付きまとっていた。「嫌いだ、嫌いだと思っているうちに好きになった」という福山に、これまでとは違う恐怖と気味悪さを感じるネリ。不安な気持ちを拭いたいネリは、英児(勝地涼)のアパートへ向かうが、部屋の中に英児の姿はなく、ガランとした部屋には「灰谷先生へ」という封書が残されているだけだった。英児は、ボクサーとしての再起をかけてパナマへ渡ろうとしていた。「来る気になったら来てほしい」と詩文にメールを送る英児。しかし、詩文はそれに返事を出さず、澤田と初めて肌を重ねるのだった…。

 英児と連絡が取れないネリは、慌てた様子で詩文堂を訪ねる。連絡があったら教えて欲しいというネリに、詩文は「どんなに心配したって、英児の人生は英児のもの。あとは祈るだけね」と冷静に答える。

 家事を放棄中の満希子は、大森と贅を尽くしたデートを重ね、ネリは別人のように素直になった福山に目を見張り、そして詩文は、体調を崩した冬子(松山愛里)の看病をてきぱきとこなして義母の良子(野際陽子)を驚かせる。そんな良子に詩文は、澤田と結婚する決意を打ち明けるのだった。

 そんな中、満希子は大森から仲間と立ち上げたベンチャー企業が窮地に陥ったという相談を受ける。大森の助けになればと、700万円を貸す満希子。「この問題が片付いたら一緒に暮らそう」という大森の言葉に、ついに離婚を決意した満希子は、詩文とネリを呼び出すと、一緒に住むことになったとうれしそうに報告。さらに、700万円を融資したという満希子を心配する詩文とネリだったが、満希子は「愛のため」だと聞き入れない。仕事があるからと詩文が帰った後、満希子の話を聞いていたネリは、英児との日々を思い出し、涙を浮かべるのだった。

 一方、仕事に行ったはずの詩文は、大森のマンションを訪れていた。満希子が貸した700万円を返して欲しいという詩文に、大森は満希子とは本気だと言ってのける。大森の態度に、詩文が本気で怒りだしたその時、満希子がやってくる。詩文の姿を見た満希子は、部屋に入るなり、「この女に騙されないで」と言い出す。詩文の「騙されているのはブッキなのよ」という言葉には耳も貸さず、「何でもするから大森先生を私から奪わないで」と泣き出す満希子。泣きじゃくりながら、「一生のお願い」と懇願する満希子に、詩文は帰るしかなかった。

 詩文が部屋を出た後、満希子は「離婚届を家に置いてきた」と大森に告げ、家から持ってきた札束を取り出す。「このお金で、ふたりで会社を立て直しましょう」と言う満希子に激しいキスをする大森。幸せに浸る満希子だったが、押し倒された満希子の目の前には、大森の3人の友人の姿が……!?

 マンションを出た詩文は、嫌な予感を拭いきれず、部屋へと戻る。部屋のカギは開いていたものの、中には誰の姿もなくなっていた……。

第1話 2008年7月10日 「41歳?隣の女には負けられない!!」 11.8%

第2話 2008年7月17日 「41歳…命をかけた不倫の恋」 10.6%

第3話 2008年7月24日 「41歳…建前と本音」 8.3%

第4話 2008年7月31日 「女41歳おひとりさまの真実」 8.1%

第5話 2008年8月7日 「衝撃の夜〜花火散らして」9.2%

第6話 2008年8月14日 「家庭内スキャンダル!!」10.8%

第7話 2008年8月21日 「危険な女ともだち」7.0%

第8話 2008年8月28日「そして嘘は暴かれ始める」
8.7%

最終話 2008年9月4日
タグ:四つの嘘

『四つの嘘 第八話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索