2008年08月20日

太陽と海の教室 EPISODE-6 あらすじ



櫻井朔太郎(織田裕二)の3年1組の副担任、榎戸若葉(北川景子)は、あることが気になっていた。それは、柴草修平(八嶋智人)から聞いてしまった湘南学館の問題。若葉は、問題の真偽を校長であり母でもある長谷部杏花(戸田恵子)に尋ねる。すると杏花は、問題が事実であることを認め、辞任覚悟でそのことを教育委員会に告発するつもりだと若葉に言う。

そんなある日、白崎凛久(北乃きい)はホームルームで、夏休み期間に行われる学校伝統の祭り、日輪祭の実行委員長に選ばれてしまう。迷惑がる凛久に、櫻井は全てを任せると言う。その時、いきなり船木真由(前田敦子)が立ち上がり、あと39時間で地球が滅亡すると言い出した。いつものことと、呆れるクラスメートたちとは違い、櫻井は真由の話を真剣に聞こうとする。若葉も呆れて、席に座らせようとすると、真由は悲鳴を上げて机の上を走り回り、教室から出て行ってしまった。真由が騒いだ時に、小さな紙切れが落ちたのを凛久が拾う。それは本屋のレシートで、買った本の題名『自殺入門』に凛久は驚く。

教室を飛び出した真由を櫻井と若葉が追いかける。体育館で真由は、縄で円を書き、その中に寝そべっていた。櫻井は円に入り、真由に話しかける。真由は、自分が気持ち悪くて、ブスだと話し始めた。両親に毎日言われていると真由。今の両親が本当の両親ではないと続ける真由は、39時間後に地球が破滅して、本当の両親が自分を迎えにくると言う。

真由の言葉どおり、確かに彼女の両親は里親だった。さらに真由の言葉が真実なら里親たちが彼女を精神的に虐待していると若葉は憤る。事実を確認するため、櫻井と若葉は真由の家を訪ねた。すると両親は、真由が自分の出生を未だに恨んでいて、自分たちに打ち解けないのだと言う。真由がこれまでに書いた両親の絵には顔が無かった。

一方、凛久は真由が落としたレシートが気にかかる。帰り道、真由を見かけた凛久は話しかけ、後に着いて行く。帰宅した真由は、櫻井たちの存在に気づき凛久の腕を取って、学校に戻ってしまう。学校に着くと、真由は凛久を解放して一人で校舎に入った。行動をともにした凛久は櫻井にレシートを見せる。

櫻井と凛久は、真由を追って地下倉庫へ。真由は、思いのたけを吐き出すが、2人を倉庫に閉じ込めてしまった。凛久は櫻井に、真由が赤ん坊は生まれるのが嫌だから出産時に泣くと言っていたと話す。すると櫻井は、それは逆で赤ん坊は自分の存在を表現するために泣くのだと言う。櫻井が倉庫から出る算段をしている時、凛久はかつての日輪祭の写真パネルを見つける。楽しそうな先輩たちの姿に凛久は…。

その頃、歩いていた田幡八朗(濱田岳)にも真由の件で連絡が入る。ちょうどその時、八朗は海辺で本を読む次原雪乃(大政絢)を見かけた。泣いている様子の雪乃に声をかける八朗。

次の日、真由は欠席。探していた櫻井が教室に行くと生徒たちの携帯が一斉に着信。それは真由が送ったもの。櫻井は凛久に、返信を頼む。放課後、櫻井は校庭で何やら作り出した。夜になって真由がメールで指定した時間になると、凛久たちもやってくる。肝心の真由が来ると、櫻井はみんなを自分が作ったオブジェの中に入れて、電気を点けた。それは、巨大な電飾バースデーケーキ。その日は真由の誕生日だった。櫻井は、真由に誕生日の由来を教える。それは里親たちが初めて真由に出会った日。初めて知った真由は、両親に感謝。やってきた両親の似顔絵を描くのだった。

櫻井が教室を出ると、杏花に会う。杏花は、カリキュラムの資料を教育委員会に提出したが、神谷龍之介理事長(小日向文世)に握りつぶされたと力なく語る。櫻井は、その足で理事長室へ。生徒を愛し、守るために握りつぶしたと話す神谷と、生徒のためにならないと話す櫻井は、完全な対立状態に陥る。

夏休みに入った。灯里に待ちぼうけを食らった八朗は、雪乃の家に招かれる。そこで八朗は雪乃が『自殺入門』を読んでいることを知った。八朗に頼みがあるという雪乃は、一緒に死んで欲しいと…。その頃、櫻井は自分のクラスの生徒のものと思われる自殺予告の書き込みがあったことを若葉に知らされた。

Episode.1 「2008年7月21日 初回90分拡大スペシャル
地球一熱い教師が海からやってキターッ!!」
20.5%

Episode.2 2008年7月28日 「地球一熱い教師VS恋を金で売る女生徒!本気で好きなら胸を張って馬鹿になれ!!」 14.4%

Episode.3 2008年8月4日 「死なないで、お兄ちゃん…まさかの船上大手術!海の上で初めて明かされる熱血教師の過去」 12.7%

Episode.4 2008年8月11日 「崖の上のショパン」 10.7%

Episode.5 2008年8月18日 「優等生の反乱…明かされた秘密」14.7%

Episode.6 2008年8月25日 「友達のSOSが聞こえますか?」 14.0%

Episode.7 2008年9月1日 「友達の死…先生ごめんなさい」14.1%

Episode.8 2008年9月8日

Episode.9 2008年9月15日 「さよなら」14.5%

Episode.10 最終話 2008年9月22日 「最後の授業…涙のラストメッセージ」 15.6%

『太陽と海の教室 EPISODE-6 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索