2008年08月05日

あんどーなつ 第6話あらすじ

夏のある夜、満月堂の職人・奈津(貫地谷しほり)は見知らぬ二人組に道を聞かれる。丁寧に対応する奈津は、観光で浅草に来たと見えるほろ酔いの彼らの会話に「満月堂」という単語が出てきたのに驚く。

その翌日、満月堂に職人・竹蔵(尾美としのり)の妹夫婦がやってきた。妹の律子(有坂来瞳)は竹蔵に話があるというが、妹のことが苦手な竹蔵は詳しい内容も聞かずに満月堂を追い出す。しかし彼女たちを見て奈津はびっくり。昨夜道を聞かれた二人組だったのだ。

その夜、陽介(細田よしひこ)や泰造(なぎら健壱)に誘われて居酒屋・まめ太に顔を出した奈津は、またまた竹蔵と妹夫婦に出くわす。

律子は実家を“自分たち夫婦のイタリア料理屋に改装する”と知らせに来たのだった。それを聞いた竹蔵は激怒。竹蔵の実家は祖父の代から続く和菓子屋で、竹蔵も実家を継ぐために満月堂で修行をしているのだ・・・。しかし律子は「高齢の父がいつまでも一人でやっていけるわけがない」と主張、伝えることは伝えたと店を出て行く。

残された竹蔵は怒りのやり場がなく自棄酒を煽って酔いつぶれてしまう。
翌朝、酒の抜けた竹蔵は梅吉(國村隼)や光子(風吹ジュン)に実家の状況を説明するが、竹蔵が受けたショックは大きく、満月堂は暗い雰囲気に包まれ・・・。



第一話 2008年7月7日 「お菓子な出逢い」

第二話 2008年7月14日 「破門!?最初の試練」

第三話 2008年7月21日 「花火大会の夜、涙と奇跡の和菓子が生まれる…」

第四話 2008年7月28日 「土用丑の日ウナギ騒動!」

第五話 2008年8月4日 「出たあ! 浅草幽霊大騒ぎ 竹村謙太郎」

第六話 2008年8月11日「実家を乗っ取られた兄!」

第七話 2008年8月18日 「浅草芸者の心意気」

第八話 2008年8月25日 「しょっぱい帰郷」

第九話 2008年9月1日 「女将さんがお見合いっ!?」

第十話 2008年9月08日 「父と息子…涙のオムレツ」

第十一話 2008年9月15日 京都から来た男

最終話 2008年9月22日 「のれんを懸けた決勝戦」

『あんどーなつ 第6話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索