2008年07月18日

魔王 第3話あらすじ

 領(大野智)は、教会の表でクマのぬいぐるみを抱いて泣いている迷子の空(大野百花)を発見する。その時しおり(小林涼子)は、自分の見た残像を思い出しハッとする。少女が、直人(生田斗真)の元に届いた殺人予告を示す赤い封筒に入っていた月のタロットカードから読み取った残像と同じぬいぐるみを持っていたからだ。

 その頃、直人の親友・石本(脇知弘)は、救急病院に運ばれていた。医師による必死の処置も虚しく、石本は息を引き取る。「雨野真実」の仕業に違いないと思う直人は、持病である喘息の発作による病死、という病院の診断に納得いかない。

 一方、領としおりは空を自宅のアパートまで送り届けることに。しかし、ドアには鍵が。今にも泣き出しそうな空を見ながら領が表を振り返ると、そこには憔悴しきった母・多恵(奥貫薫)の姿が。

 空が石本に誘拐されたと思い込んでいた多恵は、目の前に立つ我が子を抱きしめ安堵する。が、同時に、石本を疑ったことの過ちに気付き、青ざめた顔で震えている。そして目の前の弁護士・領にすがるような目で訴えかけるのだが、その時ちょうど大家が来てしまい、その場では何も言えずじまいに終わる。

 直人は、しおりからくまのぬいぐるみを持った少女に会ったと聞くなど、捜査を重ねる。その結果、石本を殺した犯人は直人の父・栄作(石坂浩二)のホテルの従業員・多恵に違いないが、黒幕は他にいると睨む。そして栄作と兄・典良(劇団ひとり)に十分気をつけるよう、注意を促す。

その後の聞き込みで、多恵の元にも「雨野真実」から宅配が届いた事を突き止めた。署に戻りその事実を報告するが、中西(三宅裕司)は親友を殺されて熱くなっている直人に冷静な判断はできない、お前は刑事失格だと捜査から外す事を告げる。

 納得がいかない直人は、石本の事務所にあったぬいぐるみを持ってしおりを訪ね、少女が持っていたものであることを確かめる。大雨が降りしきる中、自分の判断ミスで親友を殺してしまったと号泣。そんな直人にしおりは優しく声を掛け、救われる直人・・・。

 そんな中、ついにしおりの元にも「雨野真実」から宅急便が届いた!中には赤い封筒と女帝のカード・・・!?しおりがそのカードにそっと手を置くと、そこに見えたのはハーモニカを踏みつける足元と、白い建物、そして風見鶏・・・直人はそれが11年前のあの事件につながっていくとまでは思いが至らず…。

 中西は、予告殺人の黒幕である「雨野」が、彼女の能力に気づいているのではないかと疑う。多恵の居場所を探していた直人が領の弁護士事務所に行くとそこには・・・なんと多恵の姿が!

署で話を聞きたいという直人に動揺する多恵だったが、領は涼しい顔で「行きましょう、私が弁護します」と言い放つ。領と多恵を署まで同行し、取調べを始める直人。そこで多恵は、真相を語り始める。娘の空が石本に誘拐されたと思い込んで石本の事務所に向かった多恵は、そこで娘が持っている熊のぬいぐるみを見つけ、石本の犯行を確信。所持していた護身用の催涙スプレーを石本に向ける。怒り狂い、銃を奪おうとした石本。そのあまりの恐ろしさに、つい引き金を引いてしまったのだと告白する。

 直人は石本を誘拐犯呼ばわりされた事に怒りを覚えるが、領は自分の身を守ろうとしたことによる不幸な事故だったと、正当防衛を主張した。その後、実際にスプレーに残っていた指紋が石本のモノだと分かり、殺しでの立件が難しくなってしまう。

結果、領の弁護のおかげで正当防衛が認められ、多恵は無実に。悔しさを隠せない直人は、「そんなものは真実じゃない!」と領たちに詰め寄るが、領はあくまでも冷静に「なら捕まえてください。それが警察の仕事じゃないんですか」と挑発的に答える。

思わずカッとする直人は、「依頼人の利益さえ守れればいいんですか?それがあんたの正義ですか!?」とさらにつっかかるが、領は平然と「じゃああなたの正義は何ですか?正義の捉え方は人それぞれです」と言い捨てて立ち去る。その領の顔には、不気味な薄笑いが浮かんでいた―――。

 しかしその夜、空を預かっていたしおりのもとに領と多恵が戻り、正当防衛が認められたことを喜ぶ領としおりに向かって多恵は怒りを込めた目で言った。

「許せない…私を人殺しにさせた人間が憎い!」

自分を操り、空を人殺しの娘にした人間に怒りを露にする多恵を見ながら声を掛けられないしおり。そして、領は多恵の予想外の反応に心を痛めていた。更に、そんな領に追い討ちを掛ける言葉が…。「私は悪魔に利用されているような気がして…私の中に悪魔がいるのかも…」と涙を流すしおりに、動揺を隠せなかった。

その頃、しおりは、女帝のカードの意味に思いを巡らせていた。“死者の声”を意味するカードが自分に送ってきたことの目的・・・送り主は自分に死者の代弁者になってほしいのではないか…?

更に残像で見えた建物に見覚えがあることを直人に告げ、2人は急いで車を走らせた。しおりが指示するままに向かうと、見えてきたのは、残像で見た風見鶏・・・そこは直人が卒業した中学校の建物だった―――!吸い込まれるように歩き出す直人。しおりはその後を追うと・・・

たどり着いたのは、11年前に悲劇の現場となったスクラップ置き場だった。すべてを察し、青ざめた顔で呆然と佇む直人…。
その時領は、高台にある母と弟の墓で、彼らの声に耳を傾けるかのように手を合わせていた。そして立ち上がった領の目は、直人の動揺を見下ろすように鋭く・・・

 謎の連続殺人が、自らの起こした過去の事件に対する復讐であることを、否応なく思い知らされた直人。そして、その残酷な復讐の第一幕を見事に仕上げた領。

いよいよ次週、領のつぎなる計画が動き出す。それこそが領の描く、これまでにない壮大な復讐劇のはじまり―――。



第1話 2008年7月4日 愛を捨てた復讐鬼―哀しき魔王 14.0% 15分拡大

第2話 2008年7月11日 裏切りの罠…引き裂かれた親子!! 12.6% 5分繰り下げ

第3話 2008年7月18日 暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐 9.2%

第4話 2008年7月25日 狙われた魔王 地獄の門は開かれた 10.1%

第5話 2008年8月1日 殺人予告・・・!? 魔王に届く赤い封筒 10.9% 30分繰り下げ

第6話 2008年8月8日 教えてやるよ…真犯人の正体を!!  7.6%

第7話 2008年8月15日 偽りの姉弟…優しい嘘が死を招く  12.1%

第8話 2008年8月22日 許されぬ愛の終わり…復讐、再び 11.5%

第9話 2008年8月29日 真犯人は俺だ 知りすぎた男の悲劇 11.5%

第10話 2008年9月5日 一族の崩壊…死のラストカード!!

第11話(最終回) 2008年9月12日 最後の対決死が絆を引き裂く!!
タグ:魔王

『魔王 第3話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索