2008年07月17日

コード・ブルー #003 あらすじ

藍沢(山下智久)は、先輩医師の黒田(柳葉敏郎)、フライトナースの冴島(比嘉愛未)とともにドクターヘリで出動し、男性患者を搬送する。薬物を使用して前後不覚になり、マンションのベランダから飛び降りたというその患者・小倉友基(三浦アキフミ)は、奇跡的に命を取りとめたばかりか意識もしっかりしていた。

 その日、翔陽大学附属北部病院の救命救急センターは、多くの患者でごった返していた。白石(新垣結衣)は、階段から転落したという本山由希子(円城寺あや)の処置をしていた。由希子は、左手撓(とう)骨を骨折していたが、他に異常は見当たらなかった。

緋山(戸田恵梨香)は、卵巣のう腫茎捻転を発症している弁護士・若杉貴子(鳥居かほり)のわがままに振り回されていた。貴子の病状は急変する可能性もあることから、緋山は、オペになることを内心期待していた。だが、医療訴訟も手がけたこともあるという貴子は、そんな緋山の考えを見抜き、医療裁判に備えて緋山の言動もすべて記録している、などとうそぶくような相手だった。

藤川(浅利陽介)は、くらげに刺されたという子どもたちの治療に四苦八苦していた。するとそこに、看護師長の大原(池田貴美子)がやってくる。急性虫垂炎の手術を終えたばかりの患者・雪村南(高山紗希)が、藤川に話したいことがあると言っているのだという。実は南は、ストーカー被害に遭っていた。南から相談を受けた藤川は、見舞いにきていたそのストーカー男・小野寺(やべけんじ)に会い、二度と面会にこないよう釘を刺した。

 同じころ、救命センター部長の田所(児玉清)は、当直をフェローに任せようと提案する。その日開かれる日本緊急医専門学会から、現役のフライトドクターの話が聞きたい、という要望があり、シニア当直だった森本(勝村政信)が急きょ学会に出席することになったからだった。黒田は、フェローたちにはまだ対応しきれない、と反対した。が、三井(りょう)や森本が了承したこともあり、その日の当直はフェローだけで対応することになった。

当直は、白石と藤川だった。フェローだけでの当直に不安を隠せない白石には、もうひとつ気がかりなことがあった。由希子が、周りに誰もいないのに、幼稚園児と思われる息子に話しかけているのを聞いてしまったからだった。

 藍沢は、友基のことが気になり、病院に残っていた。友基が、治療のときから大声を上げるなどして暴れていたからだった。案の定、友基は、隣にいる由希子のうめき声で眠れない、といって騒ぎ出した。駆けつけた藍沢は、そこで由希子の異変に気づく。彼女の手のひらに、爪跡が残っていたのだ。由希子が酷い頭痛に耐えていたことを知った白石は、脳外科部長の西条(杉本哲太)にMRI検査を依頼する。

すると、由希子の前頭葉から腫瘍が見つかった。これが痛みの原因と思われたが、何故、由希子が何も言わずに痛みに耐えているのか、そして手術の同意書にサインしないのかはわからなかった。

 そんな中、思わぬ事件が起きた。ストーカー男の小野寺が、南の側にいたいがために、自ら包丁で胸を刺したのだ。藤川は、黒田、森本とともに小野寺の処置に当たった。幸い小野寺は命に別状はなかった。

 そのころ白石は、由希子の夫・邦夫(佐藤旭)に会っていた。そこで白石は、由希子の息子は2年前に事故で他界していることを知り、愕然となった。

 深夜、藍沢と緋山も病院に残っていた。するとそこに、泥酔状態で転んだというサラリーマン・島田洋二(春海四方)が救急搬送されてくる。島田は、酷く酔っていたものの、幸いケガは軽傷のようだった。白石と藤川は、念のため島田のCT検査を行うと、ベッドが空き次第、彼をHCUに寝かせることにする。

 緋山が貴子のようすを見に行くと、彼女はまた仕事をしていた。そこで貴子は、緋山が嘘をついてヘリコプターに乗ったという話を聞いた、などと言い出すと、弁護士も医者も、成功して当たり前、心配したら恨まれる報われない仕事だ、とこぼす。

 白石は、由希子が呻き声をあげていることに気づく。まだサインが記入されていない同意書を見た白石は、亡くなった息子を思う気持ちはわかるが、家族のためにも手術を受けるべきではないか、と諭す。すると由希子は、「違うんです…」と言って涙を流す。

 藍沢と緋山は、医局に戻ってきた白石に、由希子のことを尋ねた。ふたりが由希子のことを「脳腫瘍の患者」「幻覚を見ている患者」と呼ぶのを聞いた白石は、本山由希子さんだから、と言い残して出て行く。そのとき、藍沢たちのPHSが鳴り響いた。島田の容態が急変したのだ。実は島田は、転んだのではなく、非常階段から転落していた。

 駆けつけた藍沢たちは、検査をやり直そうとする。黒田は、到着までに4、50分かかるという。島田は、後腹膜血腫の可能性が高かった。そこで藍沢は、自分たちだけでオペをしようと提案した。オペにリスクはつきものなのだから、何もしないで死なせるくらいならリスクをとる、と藍沢。緋山も、即座に準備を始めた。看護師の中には、黒田の到着を待つべきではないのか、という者もいた。が、冴島は、ドクターたちがやると決めたのだから手伝おう、と告げた。藤川も、最後まで反対したのは俺だ、と言いながら、オペに加わった。

 オペを開始した藍沢たちは、損傷していた精巣静脈と外腸骨静脈の止血に成功する。外腸骨静脈の損傷に気づいたのは白石だった。そこにやってきた黒田は、ただちに血管縫合を開始した。

 すでに夜が明けていた。藍沢たちは、長いオペを終えてボロボロになっていた。黒田は、エレベーターの中で一緒になった藍沢たちひとりひとりに、今回のオペにおける反省点を指摘した。白石や藤川は、黒田の指摘に、思わず「すいません」と謝った。すると黒田は、「何で謝る?お前たちは命を救った」と告げ…。

 黒田は、病院の屋上で、別れた妻に電話をする。緊急のオペが入ったせいで、会う約束を守れなかったからだった。そこにやってきた藍沢に、患者は練習台じゃない、と声をかける黒田。藍沢は、そんな黒田に、綺麗事を言わないでほしい、と返した。外科医はピアニストやスポーツ選手がそうであるように練習がすべてであり、黒田も何度も危険な賭けをしてきたはずだ、というのだ。黒田は、藍沢の言葉を認めると、こう言った。「好きにやれ。ただし賭けには勝ち続けろ。一度でも負けたらお前のキャリアは終わる」と――。

 白石は、改めて手術をするよう由希子を説得した。邦夫も一緒だった。そんな白石に、由希子は、忘れられないから苦しいのではなく、忘れてしまうから苦しい、とその胸の内を明かして嗚咽した。


 緋山は、婦人科に移ることになった貴子を訪ねる。緋山は、相変わらず嫌味を言う貴子に、茎捻転は軽い病気ではないのだから無茶をしないで治してほしい、と話す。緋山が本気でそう思っていることは、貴子にも伝わったようだった。

 藤川は、おいおい泣いている小野寺を病室から連れ出していた。薬のせいでおならをした南にショックを受け、彼女への思いはすっかり冷めてしまったらしい。そのとき、一緒にいた藍沢のPHSが鳴った。友基がまた騒ぎだしたのだ。
 
  友基は、またわがままを言い始め、藍沢に向ってパシリの医者では話にならない、などと暴言を吐く。そんな友基を怒鳴りつけたのは、冴島だった。友基は、その迫力に気圧され、おとなしくなってしまう。

 黒田は、白石にヘリに乗るよう指示する。廊下で白石に出会った藍沢は、持っていた無線機を彼女に差し出した。白石は、何かを決意した表情でそれを受け取り…。



第1話 2008年7月03日 「決断」   21.2%

第2話 2008年7月10日 「責務」   16.0%

第3話 2008年7月17日 「急変」   16.0%

第4話 2008年7月24日 「母の愛」  13.2%

第5話 2008年7月31日 「過去」    15.7%

第6話 2008年8月07日 「無償の愛」 15.6%

第7話 2008年8月14日 「告白」 10.8%

第8話 2008年8月21日 「決断」 13.4%

第9話 2008年8月28日 「壊れた絆」 15.8%

第10話 2008年9月4日 「揺れる心」14.9% 

第11話(最終話)2008年9月11日



『コード・ブルー #003 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索